Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストライクグリップ・リペイント…の巻

どもです。
今日は飛び石地獄1日目が終わって後は夜まで寝る状態です。
なので、手短(になるかなぁ)にアップです。


じゃん!
5月のストライクデイの時にB品を買って朋さんにリペイントを頼んだストライクグリップ、仕上がって届きました!
このカラーはオリジナルではありますがオリジナルではありません。
元ネタは31アイスクリームのチョコなんちゃらと言うアイスクリームがベースになっております。
それを朋さんがサンプルでご自身のストライクグリップに施したものに僕が一目惚れして同じように塗っていただきました。
よく見ると青い斑も入ってますので朋さんサンプルと全く同じコーデではなく、僕のワンオフに仕上げてくれた様です。
ストライクグリップは基本色がガンメタとグレーとブラックなんですが、ブラック以外は黒いアンバサダーを乗せるとアンバサダーの配色だけ妙に浮くんですよ。
そして装着竿はトップウォータートラベラーでブランクは赤。この配色で黒いアンバサダーを乗せるとなると、やはりデフォルトではブラックしか選択肢が無くて、しかも何だかこじんまりした感じを受けてしまい、所有欲がどうしても満たされませんでした。
そこで再塗装を考えたのですが、これが難しい。
本当、コーディネートはこーでねーとでしたので悩んだ挙げ句、ブラウン色が候補に挙がりましたが、単純にブラウンではやはり駄目。
そしたら、朋さんサンプルにやられた、と言う訳で同じものでやってくださいと、お願いしてました。
絶対この配色なら僕の中では相当カッコいい道具になる!、とじふしていただけに…



思っていた通りでした!
斑模様なんですが、変にグリップが威張らずにアンバサダーの黒と同調。しかもトラベラーの赤とも違和感の無い配色!
もう完全なるお気に入りの1本になりました。
まさに「俺ジナル」と言えますね。
朋さん、ありがとうございました!

新しい相棒・・・の巻

どもです。

また明日から地獄です。昨日・今日と普通に出勤してました。

さて、一昨日の竿の記事中に「無事納車」と書きました。今回は新しい相棒のお話です。

7月19日。14年間大きなトラブルもなく、ちょっとした物損はやりましたけど大きな事故もなく走ってこれた愛車とのお別れの日。
車屋さんに着くまでちょっとしんみりした面持ちで独り言をぶつぶつ。
「いろいろと走ったよなぁ」とか「乱暴に回したりしたよな」とかなんとか。
考えてみたら、今まで3台車を乗り継いできましたが、先の2台に関しては1台目はエンジントラブルのドッグ入りで最後は会えず、2台目も追突やって修理するか買い替えるかでそのまま買い替えてしまい、やっばり最後は見届けずでしたから今回最後まで付き合った車はこいつが初めてですし、この車は娘が生まれた年に買ったので娘と同い年。だから余計にしんみりしますがどの道高いお金出して修理しても次から次にダメになる箇所が出てくることを想定すると・・・ということで買い替えを決断したわけで・・背に腹は代えられないんですね。

神妙になりそうな面持ちで車屋へ入るとすぐそこに僕を1か月待ちかねた、新たな相棒が鎮座しておりました。
その新たな相棒の佇まいを見た瞬間、ニヤニヤが止まらなくなってしまいました・・・・めちゃくちゃ現金ですね。
え?いや、だってカタログで見てた時はどうでもいいやと思ってたのに、やはり実物と写真は全く違いました・・ある意味お見合いみたいです・・それも相手が大当たりだった場合の(爆)。
正直カッコいいじゃないか、お前!でした。
前の車と新たな車、丁度並べることができましたのでご披露しましょう。
15005546690.jpeg
向かって左が今までの相棒、右が新たな相棒です。
僕の車はスバル・フォレスターです。正確にマニアックに言えばSG5型からSJG型に乗り換えということです。
ちなみに、フォレスターは3台目で、初代(SF5型)に乗り、今まで乗ってた2代目、そして3代目を飛び越えてからの4代目の最終型、とフォレスターばっかりなんですが・・・。
しんみりがニヤニヤ生放送になってしまったまま、新しい僕の担当さん(契約した前担当さんは契約後1か月で異動になってしまい・・)に出迎えられ、事務的なことを一通り終えて色々と与太話をしていましたが、そこに現れたのはこの車屋さんの店長。
しかも驚いたことに僕の前相棒の時の営業担当さんだった人。ここに異動で来たことは知ってましたけど、出世してたとは・・。
この人に前相棒の最初と最後を見届けられるとは何ということでしょう!、ですね。ある意味前相棒は幸せかもしれないです。
そしてこの人とは付き合いが長くなりそうな気もしました、何の因果かな・・。
逆を言えば多少の無理難題も聞いてもらえるかも・・イヒヒ。
まぁ、それはともかく店長さんとも久しぶりでしたからこちらとも与太話をしつつ、新しいXV(スバル・インプレッサスポーツの派生機種で、最低地上高200mmを確保しつつ、フォレスター同様のAWDシステム"X-MODE"を搭載し、悪路走破性も兼ね備えた車)を試乗した後、ついに新たな相棒のコクピットに体を滑り込ませ、暖機運転後に車屋さんを後にしました。
CVTオートマ車ですから、運転は楽ですが、シートポジションの合わせ方がわからなくて(上下)、なんだか変な姿勢でおっかなビックリ路上教習(笑)。でもターボだからアクセルも深く踏み込む必要もなく、出だしもスムーズで運転は楽です。
そして行き着いた先は某オートバックス。
15005558980.jpeg
ここでナビとETCを取り付けます。
で、作業予約と製品抑えは地獄前にしてましたのでスムーズにドッグ入り。だがしかし!
15005546970.jpeg

作業で4時間かかるとのことでしたから、ここが大変でしたね。せっかくの相棒とまた4時間お別れ。その間何すればいいの?
で、先先日のブログを作業ピットを見ながら打っていた、というわけですが、これだけでは時間は潰れません。
幸い、近くに釣具の量販店もありましたので歩いて行ったりしましたが、面白く無くて1時間持たなくて、腹も減ったので歩いて飯も食いに行きましたが、30分が限度。
結局一番長くいたのは某オートバックスの店内だったというなんたるちーや状態。
でも普段ほとんど来たことが無かった店でしたので正直一番見ごたえがあったのは確かでした。
15005547120.jpeg

午後7時過ぎ。ようやく作業終了し、愛車と再会。
がら空きだったセンターコンソールにはオーディオナビが鎮座。足元にはETCも設置。
15005546820.jpeg
すごいなー、車で映画が観れるんだよ?ちなみに写ってる映画はスカイ・クロラです。
これでようやくまともな車になりました。
これからのこの新しいフォレスターでドライブするのが楽しみです・・・が、地獄も待ってるからロングドライブはまだ先でしょうね。

嘘つきはまた買う…の巻

どもです。
また地獄が連発でやってきまして、今は飛び石地獄ですので昨日今日と休みをもらってます。
車も無事納車し、今はナビの取り付けで某オートバックスにいます。

さて昨日の話ですが…実はまた竿を買いました。


スーパーストライク イノベーションSS60Lです。

もう竿は買わないと3度目の宣言をしたにも関わらず、またやりました(爆)。
でも勿論、買うからには道具の断捨離を実行しました、今回は昨年買って整備したのに結局サヨナラになってしまったシルバーマックス3600Cと、2本ある内の1本である、フェザーウェイトのチャングリ、そしてルアーもハトリーズのスペシャルを含めたあまり出番の無いモノ数個サヨナラしました。

Mさんからは「勿体ねー」と言われましたが、自分のモノですし、無条件で道具を増やすのも変ですから。

なぜ急にこんな竿が欲しくなったか。要はチビハト専用機であるハトリーズスティックのHS64Lと、ちょっと張りのあるトップウォータートラベラーの中間を補う1本が欲しくなったことと、フローターでも軽量ハトリーズをある程度の範囲で使える竿が欲しいと思いまして。
この竿がくると、スレ気味の僕の地元池でのフローターなら完全にこの1本で賄える事ができるはずですので。


グリップはトラベラーのブラックをそのまま移植し、リールは例のSX3600Cウルトラマグを装着して1セット組みました。
見た目も握り心地もなかなかイケてます。

で、ちょっと寝てから夕方地元池の1つに実地テストに行って来ましたが…



お、重たい!

いや、総重量は軽いんですよ、しかし、手元が軽い分が重量配分が先よりになってしまって…と言うかこ今年にはいってカーボン竿ばっかり振ってましたので久々の軽量グラス竿なのにも関わらず、重く感じてしまい、なかなかうまく振ることができませんでした。
しかし、それでもグラス竿を過去多く振ってきましたので時間は掛かったモノの慣れることに成功!慣れちゃえばこの重さはどってことありません。
慣れたおかげでウルトラマグのブレーキセッティングも何とかできまして、竿の良いとこが見えてきました。使い立てですからくわしインプレは無理ですけど、5~12gのルアー許容範囲は期待はしていなかったはずのチビハト中一番軽いタイニーボムを送り出す事ができ、さらになかなかベイトでは難しいラパラのF11ですら送る事ができる程の調子。さらにハトリーズスペシャルに近いウェイトまでカバーできたため、やはり睨んだ通りの性能ポジションを獲得しました。
後は魚を釣るだけでしたので、久しぶりにA池へナイターにいき…

30の勇気ある子をカクーンで獲ることができました。
このサイズでも面白い程竿が入るので、楽しい1本である事もわかりました。



後はフローターデビューを残すのみですが盆休み前まで地獄があるので、まだしばらく入水は無理ですね。
買って良かった竿でしたよ…嘘ついてまで。
これでもう嘘つくことは本当にありません。すでにスーパーストライクのラインナップで僕が気になる竿はありませんから。
ただ、仮にニューカマーで僕の心をくすぐるモデルが出た場合、その時はスーパーストライクが断捨離対象になる覚悟をしていますから、本当に余程のことが無ければもう嘘はつかないでしょうね。


注意
内水面の夜釣りは各都道府県自治体で制限、もしくは禁止されてる場合がありますのでご注意ください。

当方、夜釣りを推奨していませんので、夜釣りを行った事による事件・事故、トラブル等の責任は負いません。個人責任でお願い致します。

魔女子さん、連れてきた・・・の巻

地獄が3日休み、と言うか、夕べ行ったら工場やってない・・・聞いたらお休みというのをこちらに連絡するのを忘れてたようです・・・。

ですので、ナイターやろうか朝一出撃しようか考えて、魔女子さんを使いたかったので朝一出撃で今朝の3時に出かけました。
実はこの計画は昨日の朝に実行しようと思ってましたが、見事に寝坊でした。

3時に出たのは朝飯を食べるため。
すき屋で豚丼を食べて気合い入れて、出発。到着は薄明るくなる4時で予定通りの進みです。
まずはA池で試しましたが、安定の無反応。
ただ、今回はラインをアプロードのZO6に換えてきていまして、これが実に運転しやすい。と言っても相変わらず微笑み回数は増えたけど俄然「ツン」は多いですね。

40分ほどやりましたが、魔女子さんからチャグポップに換えても一瞬「モワン」と水面が膨れただけの反応の悪さに40分で見切りをつけて、いつものSky裏へ。
誰かいれば他へ行くつもりでしたが、ここは僕を待っててくれたかのように誰もいず。
さすがに5時前だとずいぶん明るくなりましたし、曇り空でしたから日差しもなく条件はグッドです。
相変わらずこの池は一発濁ると濁りが取れるのが遅いのですが、今日の水色は濁りが取れかかりに茶色が混じったような色。
魔女子さん一投目は左側の堰堤沿いを運転、出ないのはいつもの事だし運転ヘタだから仕方ないです。
で、2投目は右側に。
やっぱりZO6に換えたら魔女子さんのほほえみが多くなってきた気がする。ショートスライドながらもうまくいってるし、たまにノッキングもする。
あ、鳥居さんに教わったやり方ってこうだったよね、と竿のあおりをできるだけ鳥居さんに教わって覚えてる限りの事で運転する。

姉さん、事件です・・・・


ズバシャーンッ!!

もんの凄い水飛沫が上がりました!

出たね、あーびっくりした・・・で魔女子さん、どこ?

すると・・・ラインが・・・ツーっと沖へ・・・

「ノッたっ?!うおっ、こいつ絶対獲るっ!!」

一年ぶりにトラベラーが魚によってぶち曲げられました、こんなにひん曲がるんだっけ?トラベラー???
ずいぶん遠くで掛かりましたが、それでもバレずに寄せれました。
うーん、よし抜いちゃえっ!

と、抜いて草の株の上を通過した途端、

フッ・・・

なんと、結び目が切れた?!

魔女子さん、まだぶらっくの口に付いたまま、ぶらっくもんどりうってあと少しで逃亡?! 魔女子さん、お別れは嫌だぁ!、ぶらっく逃がさんざーっ!(バカみたいですがマジでした・・)
道具を極力傷めないように置いて・・・草の株の上で横になっていたぶらっくに飛び掛かり、羽交い絞め?!
ちょっと背びれで親指を刺してしまいましたが・・・・・

14987951070.jpeg
14987951190.jpeg
大立ち回りの末、魔女子さん初の38cm、獲れました!!

いやぁ4時58分、取り込み完了!
もう、この子放した後でもガクブルが止まりませんでしたよ、完全におなか一杯です

というか久しぶり魚に大興奮、それも魔女子さんの連れてきたぶらっくだから最高です!

朝一の水飛沫もやっぱり興奮しますね。

本当、最高でしたよ!!

14987951300.jpeg
さらなる精進を目指します、よろしく、魔女子さん💛

ぶらっく夜釣りのご法度・護身集・・・の巻

どもです。
地獄がまた雨で流れてなんと3日目の休みになりましたので、更新に来ました。

さて、前回の記事の最後にご法度集でも・・と書きましたが、今回はこれと、もう一つネタができましたので2編上げますね。
14931969310.jpeg

前回、自分の記事をよく読んでみたら、やはり誤字脱字に加えて矛盾したところも見つけました。
「ナイターなら迷惑かからない」が後半「迷惑掛かる」と。
どちらが正解かと申しますと、場所の立地にもよりますが多くは「迷惑が掛かる可能性が大きい」です。
ですので、これも踏まえたご法度集を組んでいきますね、ただ多くは僕の経験上培って確立できてることです。

まず釣りよりも立ち入ることが一番先にきますから、モラル編から。ちょっと上から目線になりますが、ご容赦ください。

・まず騒ぐな! ゴミは捨てるな、持ち帰れ! そして拾ってけ!!
まずこれはナイターでもデイでも関係ない当たり前のことですが、未だにこれができない連中の多いこと多いこと。
特にナイターでは視界が悪くなるため、このゴミを踏んでけがや落水の危険を十分はらんでいます。僕は進行方向に危険をはらみそうなゴミを見つけた場合、一時的に土手へ放り投げて終了後に持って帰っています。
自分の身を守ることと釣りをさせてもらってる場所への感謝も兼ねてゴミは捨てない・持ち帰るを徹底しています。
・・欲張ってはいけませんが、これの積み重ねが「徳」となって帰ってくる場合もあったりなかったり(笑)。
夜だからと言って騒ぐのは当然ダメです。夜は基本的には寝静まる時間です、民家から離れてるから大丈夫、なんて考えない方がいいですよ、意外と夜の空気と静けさは民家から100メートル以上離れてようが周囲と反響して届く場合が往々にしてあります。そして、人間も色々いますから、騒いだ事で事件性のあるものと判断されて通報され、大騒ぎになる場合もあります。
単純に「騒ぐ」というのはうるさいだけではないのです、事件性も含まれる可能性も秘めてるんです。

・車は止めても問題ない場所を先に把握してから駐車する。
これもデイ・ナイター共通ですね。
よく本で載っているのが「駐車禁止場所では駐車しない」と端的に書かれたことですが、これでは足りません。駐禁はダメなのは当たり前なんです。例えば駐禁の標識のない場所ならいいのか?と言えば違います、そこが生活道路や時間帯で近所の方が仕事や帰宅等で車を止めなければならない空き地の場合、これは駐車禁止と同じです。
もし自分が緊急で出かけなければならないときに、家の前、もしくは狭い一本道の真ん中に鍵の掛かった車がデーンと置いてあってこいつがどかないと先に進めない状況になったら、どうしますか?
夜だから・誰も来ないから、はエゴです。僕の場合はどう考えてもここに止めるのはオカシイと判断すると、何百メートル手前だろうがここなら確実、なとこに駐車して後は自分の足を使います。
それが嫌ならそこでの釣りはあきらめてください。

・貴重品は必ず所持。
今は車上荒らしもレベルが上がってきています。オーバーかもしれませんがキーレス・プッシュスタート車のような最新型の施錠でも、海外ではリレー式とかなんとかいう複数集団で元のオーナーの発する電波を受諾して芋蔓のようにやり取りして内部物色、さらにその車さえ盗難する事件すら起きてるそうです。
万が一、車上荒らしにあったとしても明るい時間では目撃者も出るかもしれませんが、夜では目撃者なんて絶望的です。
可能な限り貴重品はコンパクトにして身につけることをお勧めしますが、車の破壊や盗難までは無理ですね・・・。

・やたらにライトで照らすな!
最近の作業用・釣り用のライトは4000円も出せば十分高出力の光量を持つライトを手に入れられますし、正直たかが釣りとはいっても出力はあったに越したことはありません。
が、ヘッドライトの場合、手荷物にならない反面、首というか視線を向けた方向に照射しますので、これが住宅地や一軒家、もしくは場所のすぐ近くに住宅や倉庫がある場合、やたらとライトで照らしまくると、近所の方々の安眠妨害になります、というよりその照射を怪しんだ住人が大騒ぎして通報されるパターンが存在します。それが安眠妨害・迷惑行為につながるのです、そしていずれそこは釣り禁止となるでしょうね。
ですので、照らすのは緊急時以外はなるべく進行方向だけを照射しています。

次はセルフディフェンス(自己防衛)です。

・山間部に近ければ近いほど、人間に危害を加える動物の遭遇確率が高くなる。
昼間ではめったに見ない動物さんでも、夜になると動きが活発になります。
その多くはハクビシンや鳥が多いですが、道路にも蛇が寝ていたり、場所によっては野生の鶏(攻撃力ハンパ無いです)や猿、鹿や猪と遭遇したり、最悪の場合、野犬と遭遇する可能性もあります。
鹿や猪の場合はまだ逃げおおせることが可能でも、野犬の場合は集団で襲ってきます。
特に野犬は姿を見たら最後です、近くにいる場合野犬の遠吠え(犬の遠吠えと同じ)が聞こえますので、遠吠えを聞いたら勇気ある撤退を。

・黒く見える地面に足を踏み入れるな。
大体察しが付くでしょう、いわゆる「濡れた地面」です。ライトで確認するまではそれが何かはわかりませんが、コンクリート堰堤などでこの色の変わったところは濡れてる濡れてないにかかわらず、足を踏み入れたら確実に滑る!と思ってください。
実は濡れてるだけではなく、減水して干上がった苔の場合が往々にしてあります。
落水の危険度「特大」です。

・鳥目の人は絶対夜釣り禁止!
過去に同行した仲間に本気で闇の中、ぼんやりも周囲が分からない人がいました。その時は遠方からのお客でしたのでサポートに回った僕ですが、いろんな意味で「危険」ですし、いつ事故が起きても不思議ではなく、自分の釣りも台無しになります。
よってこのような人とナイターは禁止です。

・自分を目立つ工夫をしろ!
闇夜で黒っぽい服装は2人以上の場合は相手が認識できる場合が多いのでまだしも、単独の場合、仮に赤の他人とバッティングする場合も無きにしも非ずです。その時に相手に気づかれずにぶつかってこられたり、最悪キャストのルアーの餌食となった場合、もしくは相手が逆に近寄ってきた場合に起きたことの責任の所在を求めてトラブルになる場合もあります。
なるべく白っぽい服装、そして、可能ならヘッドライト以外に認識灯(セパレートヘッドライトなら後頭部側についてる赤いLEDものが多い)を装備・点灯して自分の所在を相手に知らせるようにしましょう。

・昼間のような釣りをするな!
目で見えないピンポイントへルアーを投げる程愚かな行為はありません、失うのがわかりますよね?
減水してるから出てる岸から攻める・・・平坦でなおかつ干上がってからからに乾いているのならまぁ問題はないですが、角度のついた、まだ乾きききっていない岸際や平坦でも乾いてない岸は落水、および底なし沼にはまって脱出不可能の状態になる可能性が大きく危険度大です。
夜は基本昼間程シビアな攻め方は必要ありません、命あっての釣りですよ。

・一人でも周囲に気を配る。視界が悪い分、聴力を活用する。
何か近寄ってきたりとかの音は視界が良好な時ほど気にはならない物ですが、視界が悪くなればおのずと耳を頼りにしますので注意力が耳に向きます。
いろんな音を情報として認識し、周囲に気を配ることです。しいては自己防衛にもつながります。

では、最後に・・。
「見える人」が同行した場合、その人の行動・言葉に気を付ける。
僕は見えませんし、見たくもありませんが、過去に見える・感じる人とよくナイターしていました。
この人は特に釣り中は何も言わず、終わった後にまれに「いたよ」と言うことがありました。
僕もよくはわかりませんが、「見えてしまうもの」の中にも良い・普通・悪いといらっしゃるようで、特に悪い場合は非科学的な災害をもたらす場合があるらしいです。
良い・普通の場合、「見えてしまう」人はそう変な行動を起こしませんし、終わってから淡々と話されることが多いですが、「悪い」のが見えてしまった場合、その方は相当焦りだす模様です。
ですので、単純に「怖い」だけでなく、その人の話にも耳を傾け、この場所が非科学的に立ち入って良い場所か悪い場所かの見極めをするのも自己防衛の一つ、と考えています。
話にも耳を傾け・・と書きましたが、見えてしまう人の中には空気を読まずに「あっちにも、こっちにも・・」とか言い出すある意味質の悪い方もいらっしゃいますから、こんな見えてしまう方は連れて行かない方が無難です。

これはほとんど僕の経験に基づいたルールとして構築しました。
「これは個人的なルールでしょ?」と言われる方もいらっしゃるかもしれませんが、世の中どんな状況なのか、どんな人間が住んでるのかわかりませんからね、個人的というよりは大方通用できることだ、と僕は思ってます。
こんなの書くと「推奨してないか?」と疑われますが、逆です。こんなに釣り場で気を使わなきゃならないから大変だよ?、と言いたいだけです。

いかがでしたか?ナイターよりデイの方がまだ釣りはしやすいでしょ?だから僕はナイター推奨はしませんよ。


注意
:内水面の夜釣りは各都道府県の自治体により制限、もしくは禁止されている場合がありますので確認してください。
夜釣りは周囲が闇になり視界が非常に悪く、危険がつきものです、経験の浅い方は必ず2人以上で行動する等、特に小さいお子さんは必ず大人の方に同行してもらうようにしてください。
当方、夜釣り推奨をしていませんので釣行時の事件・事故やケガの責任は一切負いません。

Appendix

プロフィール

つぅ

Author:つぅ
FC2ブログへようこそ!

数勘定

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。