Latest Entries

2017初ぶらっく、獲りました!・・・・・の巻

どもです。

今日は雨で仕事休みになってのんびりしてます・・お金ないから家から出ないというのもありますが。

さてさて、夕べはぶらっくの初ナイターに行ってきました。

もちろん、いつものSky裏。

ここ2、3日暖かかったのと、昨日の昼間はお茶を2リッター以上飲むほど仕事で汗が出たこと、で、雨前だったことなどの条件が重なり?、海にも行ってみたかったんですが、初鯰も獲ったことですので、ぶらっくに出動したわけです。

今日の道具は突発で行きたくなったので、即出動可能なのがこないだのルアー投げで使ったアンバサダー5500C+スーパーストライク イノベーション66SPXだけでしたので、それを持ってきました。
要はラインが実戦仕様になってるかなってないか、の事です。他の道具に巻いてあるのは練習用か昨年のまま巻き替えてないか、でした。この5500Cだけは実戦で使ってるバリバス バスプライド10lb(廃盤)をメンテ後に新品で巻いてましたからね。

着いて早々、ハトリーズのペンシル爆撃を開始しますが、多少期待していてもそうは問屋が卸さないのがシーズン最初期。
インナーハンド・マグナム→チアーバンプとシフトしていきますが、丸い引き波を立てるこの2つを使って全く反応がないのはまだ魚自体上ずってないのだろう、と一度岸際の水中を見るためにライトオン。
・・すると、小さいギルがいるじゃないですか。こいつがいるということは高確率でぶらっくも岸を見てるやつが少なからずいる、と判断。
一度岸を照らしてしまったので、時間を空けようと、長くつ無いと入れない奥の流れ込みに向かいました。
鳥がいらっしゃってギャーギャー言いながら逃げていきましたのでちょっとげんなりしましたが、突入しチアーバンプを爆撃するもやはり反応は皆無。
しかし、暗がり越しに水面を見ていると、時折小さな波紋が見えます。
♪もしかしてだけど~×2、水面近くで魚か何かが飯食ってんじゃないの~・・・と思い、ちょっとだけ音も加えてみようと・・
14900538090.jpeg
ヴィンテージ・ポップを使うことにしました。
このヴィンテージポップ、2年前のSSDの時のじゃんけん大会でゲットしたもので、玉越さんから直々に頂いたものですが、まだ使って釣ってなかったんですよ。
で、こいつは普通のポッパーとはちょっと違い、その場から移動しやすいので一点にとどめにくいのですが、ペンシルと思って優しく使うと首振りしながら「ぶちっ」っとギルの捕食のような音を立てることができます。今回それをしてみたら・・・。

モニャン・・

丁度ラインを煽ると同時に出てしまって合わせられなかったんですが、初の出がありました。
「あらぁ、出たのになぁ・・」
もうこれだけだと思ったのですが、その後もやたらと遊びに来るような出が、なんと5発も続きまして・・・。
でも、いくら頑張っても全く乗る気配がないとこを見ると、どうもギルらしいし、ぶらっくだったら完全に本調子まで遠い状態の出、と判断し、ここにとどまるのをやめてまた堰堤に戻りました。
とりあえず、ルアーもヴィンテージ・ポップのままでしたが、ここでも右側へ投げて堰堤の境で出がありました。
「え?今日はこれ??」
だったら、堰堤沿いでも出ないとおかしいですね、堰堤沿いへ爆撃し同じことをしてみると、やはりギルのような突っつきの出。
今日は出で終わりだな、ともう一度「ぷちっ」と音たてて止めたら、
ドボッ!
今年初の派手な出にビビりましたが、全く持ってく気配がなくてこれまた出ただけと思って一人納得(笑)。
しかし、ルアーを回収しようと少し竿を立てたら・・・軽くない!
ノッてんじゃん!
SPXをビシッと煽って巻きましたが、意外と近距離に加えてSPXの底時からが顔を出し、瞬時にごぼう抜き!
わっ、初ぶらっく獲れちゃった・・・。

14900538200.jpeg
14900538370.jpeg
今年の初ぶらっくは30cmジャストの勇気ある子でスタートしました!
いやぁ、良かった、獲れました、嬉しいな!
この後、SNSに投稿しましたので、速攻でMさんから℡が来たのは言うまでもありません(笑)。

この子にお帰り願ってからリ・スタートしましたが、さすが序盤というか、あれだけ変な反応があったにもかかわらず、すぐに危険を察知されたか、どこまで撃っても全くの無反応になってしまいましたので、23時30分、お開きとしました。
雨前ということで早めに出て、反応が皆無になったので早めに上がったのもありますが、この後意外と早く雨が降り出しましたのでタイミング的には非常に良かったんでしょうね。
さて、スタートしました今期のぶらっく釣り。今年はどれぐらいのぶらっくに何本出会えるのか?

今日は「ペンシルではなくポッパー」という題でお送りしました・・・昨年までは初ぶらっくはペンシルで獲ってましたが、今年はポッパーのスタートです。ペンシルでも釣れないわけではないんでしょうけど、このヴィンテージ・ポップのみにやたらと反応があったのは何らかの条件があったと思いますし、例年に比べたら1~2週間初ぶらっく獲ったのが早いのも、これに関係してるのかもしれません・・夜に羽化する虫も関係してるかも。
しかし、同じ口をしているチャグポップを使っていたらどうなってたんだろう?、と思うと・・・(笑)

ついに車を・・・の巻

今回は2個目を更新します、なかなか更新できてないし、またさぼると思いますから・・(爆)

さて、本日もう一つのネタは・・・・
昨年から引きずっていた車買い替えのネタですけど、ついに断腸の思い(?)で契約しました。
14899146100.jpeg
これだけだと何なのかわかりませんね・・。
引っ張るわけではありませんが・・・

14899146200.jpeg
スバルのフォレスターにしました。
年内の後半というか年末から来年くらいでフルモデルチェンジが予想されてるこの車ですが、次期モデルのコンセプトカー、あくまでもコンセプトカーですけど、その形を見る限りでは僕の感性は全くくすぐられず、元々このスタイルが好きだったのも、そしてすでに引き合いにしていたスバルのXVも新型になって特別良いとも思えず・・・。
で、結局フォレスターの最終型を選びました。
今の車がまだ全く壊れる気配がなければ、買い替えなんぞ深く考えなかったんでしょうけど、もうじき20万キロで2回目のタイミングベルトの交換に加えて、保証の効力が切れてから出てきた、ミッションオイルドレンナットのねじ山破損でミッションオイル交換が2年前から不可能になってしまったこと、それに並行してミッションからのノイズ、タービンも実は余命宣告を受けている状態、高速での風切り音のうるささ(話声を大きくしなければ会話にならないほど)、電気系統がじわりじわりとダメになっていってる現状を考えるとエンジンやボディはまだ大丈夫でも、補器類やハブベアリングの交換も考えたら、余程この車にほれ込んで乗っていくつもりでもない限り維持費ばかり上がっていきますので、それを考えると・・やはり買い替えをするしかなくなったのです。
かといって、乗りたくもない車に高いお金を払うのは極力避けたい気持ちもあって、これにしました。
ですが、メーカーオプションは標準装備のみの一番低いオプショングレードです、オーディオに30万もかけたくありませんし、パワーリアゲートも便利なだけで僕には無用の長物です。
なのでオーディオレス車ですが、社外のナビを別途購入する予定です。

納車は6月なんですって。まだ先ですが楽しみでもあり、そして不安でもあります。
またこのお話は納車後になるでしょう。でもお茶次期なんですよね・・・。

今日は新車は絶対数か月待ち・・という題でお送りしました・・お話で聞いたのですが、最近のスバル・トヨタは在庫を持たないそうです、結局製造リスク回避のために年間の生産計画を立てておいて、そこに当てはまる締め切り受注の分だけ生産する、受注生産に近い状態なんですって。なので、必ず最速でも2か月は待つ羽目になるそうです。
だから営業さんも昔の様に積極的な営業をしないみたいですね、どうりで昨年の話から担当の営業さんから様子伺いの一つもなかったわけです、僕は要注意人物にでも指定されたのかと思いましたよ・・。


初鯰、ゲット!・・・の巻

どもです。
どうにも時間が無くて更新が滞っております。
今日も少し端折って更新です。

14899145590.jpeg
夕べ、やっと今年の初鯰、獲りました!

いつものHg川のいつもの場所。
ずっと月夜だったのもありましたけど、夕べに限っては久しぶりに普通の闇夜。しかも昼間もそんなに寒くはなかった。
海も行きたかったけど、僕の中ではまず、鯰を最初に獲ってからでないとぶらっくをスタートしない、変な決まり事を作ってしまってるので、まずは鯰でした。
着いて一投目、流れの緩い場所にチャガースプーク改を落として動かすと、一発目の出。でも乗らず。
そのまま流心まで動かして、2発目の出。これまた乗らず。
しかし、足元近くまでそのまま動かしたチャガースプーク見事に3発目にして引っ手繰ってくれたこの鯰、出方も派手ではなかったのでそんなに大きくないと思ったものの、なかなかの大暴れに加えて抜き上げもやや辛く(仕事で左手首をちょっと痛くしたので余計に)、なんとかラインで抜き上げました。
暴れると困るのでライトもつけずにそのまま土手を上り、草の上に鯰を置いてからライトオンしたら・・・そりゃ取り込みに一苦労するわけです。
太った60cmジャストの良いサイズでしたから。
さっさと撮影し、さっさと逃がしました。やった、獲れた!もう仕事終わりじゃん?!
と思いましたけど、さすがにそれはないです。
この上流の瀬になってる場所へ移動して遠投すると、なんと落ち食いで3発出まして、うち1本はバレてしまいました。
で、また元の場所へ戻るとまた2発。しかし、寒くなってきたからでしょうか、それで沈黙しましたので、上がりましたけど。
まあ、すこぶる活性がいい鯰ばかりで、獲ったのも60でしたから今回は嬉しかったですね、これでぶらっくもちゃんと始められそうです。
でも、ぶらっくが・・・とか言いつつ、また鯰やりに行きそうな気がしないでもないです・・・だって、同じ日にMさんはぶらっく行って全くダメというか生命感ゼロ、鳥感バリバリの残念な状況だったそうですから・・・。
でも、今日も暖かかったし、そろそろぶらっくも上を向いてくれそうな気がします。

今日は「ぬるぬるはいいぞ!」という題でお送りしました・・・鯰は面白いですが、ぶらっくと並行するとどうしてもぶらっくにウエイトを置きがちですから、年間通じてのパターンが未だにわかりきってないんですよね。
本当は水路や河川巡りもたくさんしたとこなんですけど、時間もないし・・・。

lリールの身ぐるみ5つ目・・・の巻

どもです。

すみません、さぼり気味です・・・・というか、帰宅時間が遅くて・・・ちょっとハードです、仕事・・。

さて、今日のネタ、短めに。

14894024990.jpeg
クスクスさんのハンドメイドリールカバー、買いました。

これで5こ目です。
今回のガラは、パイソン・ブルーグリーンという柄で、サイズは初めて買う「5000fit」サイズです。
これは、今回実戦復活した1977年型アンバサダー5500C用に用意しました。
僕もアホなんで、好きなリールの中で特にお気に入りの物に関しては、ちょっとだけ特別なことをしたりします。
クスクスさんのリールカバーもその一つで、僕の大好きな1978年型のアンバサダー5600Cに、やはり蛇柄のパイソン・ブラウンのリールカバーを専用で付けていますが、今回の5500Cも5600C同様、お気に入りの1つですので、こちらにも蛇柄を用意しました。
いつも買っていたサイズは「5000」サイズですから、今回の「5000fit」というサイズがどんなもんか、実際にかぶせてみました。
14894024870.jpeg
こんな感じになりました。
「5000」サイズですと、ややぶかぶかなんですが、別に困ったことはなかったですし、かぶせるのにも楽でした。
「5000fit」サイズですと、アンバサダー5000番の大きさにちょうどいいくらいの大きさに誂えなおしてありますから、しっくりはくるのですが、「5000」サイズで慣れちゃってたので、やや窮屈に見えたりもします。ドラグウィールまでかぶせるとちょっと窮屈な気がするんですが、まぁこれはこれで問題ないです。

たかがリールカバーでもこれだけおしゃれなら毎回かぶせたくなりますね、次は5000D用か、4500C用を揃えようかと思ってます。

今日は「リールカバーだけじゃなく、ロッドカバーも揃えるか?」という題でお送りしました・・・・と書いたら、面白いロッドカバー?を最近買ったのを思い出しました、忘れてましたよ(汗)、次回、紹介しますね。

スミス・コネクション静岡チーム・・の巻

どもです。

5日の日曜日にスミス・コネクションの津久井湖ルアー投げ会がありました。
僕も参加したかったのですが、ちょいと用が入ってしまって今年も不参加。
しかし、元々ルアー投げくらいはやりたかったので、前日にMさんに電話し、2人で朝からルアー投げしませんか?、とお誘いしたところ、「おー、やるか」と即答。Mさんもスミス・コネクションの方々を知ってますし、今日のイベントももちろん知ってました。やっぱりいけないならこっちはこっちでやろうか、ってとこだったんでしょうね。

朝の7時30分、お約束でSky裏へ。
・・ってすでにMさん、遊んでるし・・・。
14887966260.jpeg

つ「はやっ、何時からいたんですか?」
M「おー、7時。とりあえずぶらっく釣れるか狙ってたけど、やっぱ魚いねーな」

魚釣りにはならないだろうけど、普段ナイターで一緒にやってるのに暗いからお互いが何をどうしているか、なんて見えませんから、今日はちょうどいい機会でもありますね。

14887965890.jpeg
今日のMさんの道具。
知ってる人はかなり涎が出てしまう道具が混じってますけど・・・一番左にウグイ道具が・・。
つ「Mさん、僕、今日はウグイ捨ててますよ?」
M「まじかぁー?!俺、つぅちゃんやると思って、グイウーやるつもりで持ってきちゃったよ」
僕も持ってきたかったのですが、多分ルアー投げやってるとウグイ釣れる時間は確実に過ぎる、と踏んでウグイ道具の積載はやめたんですが、案の定Mさんは持ってきてました(笑)。

今日の僕の道具は・・・
14887966020.jpeg
これと・・・

14887966120.jpeg
これ。

前回の一人ルアー投げはSPXのテストでしたので、改めてトラベラーとの使い比べもしようかと。あとはMさんのリクエストで「SPXを振ってみたい」との事でしたので。そして久しぶりにハトリーズスティックFGO65Lも振ってみようか、と持ってきましたが。

ふたを開ければ、使ったのはカーボン竿ばかりでした。

MさんにもトラベラーとSPXを使ってもらいました。
14887966480.jpeg
M「あー、なるほどね。確かにグラスに近いな。でもカーボンだよな(笑)」
トラベラーを使ったMさんの一言目。やっぱりそう感じますよね。
M「でも、あれだな。それでもここまでグラスフィールに近づけられるのは凄いよな。やっぱりカーボンの方が調子のチューニングを出しやすいのかな。玉越さん、やるなぁ。」
そして、SPX。プラインナーを使ってのMさんの感想。
14887966870.jpeg
M「うーん、やっぱりカーボンだよな(笑)、どうしてもカン、っていう振動がくるわ。でも、これは俺が持ってるトレジャスティックTC66TPとかシリウスの66TPよか全然しなるから良いね。」

なので僕もMさんのトレジャスティックTC66TPを借りて試し投げ。
14887966740.jpeg
SX3600ウルトラマグも初めて使うからワクワクさんでしたが・・。
なんと、1投目からバックラッシュ?!
な、なんだこれ?
よく見たらマグダイヤル1?!そこへ僕がキャスコン緩めたので変に緩々な状態になったわけです。
つ「Mさん、このセッティングで投げてるんですか?!」
M「おー、俺カーボン竿の時はあんまりビュッと振らないんだよ、だからその辺が丁度いいくらい。」
つ「マジ?!僕これじゃ無理。いじりますよ?」
と有無を言わさず他人のセッティングを崩す僕(笑)。
「10未満はマグブレーキ効いてないのと同じだぞ」とMさんが言ったので、ダイヤル10のセッティングで先ほどのキャスコン位置。
このセッティングにしたら気持ちよく飛んでいきました。トレジャスティックでの運転も悪くはありませんが、Mさんの言う通りSPXと比較するとやはり強いというか、復元力が少々早い。しかも元々ロングベリーの竿ですからベリー全体の復元力が早いように錯覚してしまいます。でも、これくらいなら僕の中では使う竿としては許容範囲に入っています。
つ「あー、なるほど。SPXのほうがしなやかですね。復元がどうしても全体的に早く感じる。でも悪くないですよ、この竿。あと、ウルトラマグはこのセッティングで僕は気持ちく使えます。」
M「ヤッパリどことなく強めには感じるんだよな、それでも同じトレジャの60TJLに比べたら・・(笑)」
つ・M「あれは論外!」

M「で、ウルトラマグ、これでちょうどいいって?」
と僕のセッティングで投げたMさん・・・「あー、ちょっと伸びが足らんなぁ」。セッティングはそれぞれ好みがあるようです。

そろそろあれを出すか、と魔女子さんをトラベラーで今一度使ってみることに。
14887966630.jpeg
僕の普段の運転フォームがこれです(笑)。
で、結論。
相変わらずツンな子ですが、やっぱり魔女子さんはトラベラーで動かした方が良いです。

ここでMさんにも魔女子さんを使っていただきました。
M「うぉっ?!動かん?!水を受け流しちゃうじゃん、これ?!」
難しさが身に染みたようですが、これはあくまで僕のセッティング。要はMさんは普段接続にスナップを使ってますから、直結の僕仕様ですし、やりにくいのもあるのだろうと、Mさんの道具ハトリーズスティックHS64MLとカルカッタコンクエスト100の組み合わせで、スナップ接続仕様でもう一度魔女子さんを使っていただきました。
M「なるほど、こいつラインの沈下に凄い敏感だな、横へスライドした後すぐにまっすぐ前を向きたがる。これが動かない理由の一つかもしれん。」
それでもちょっとは動かすことができたMさんでした。しかし、洞察力凄いな、そこまで見てなかった・・。
しかし、ここで、ハトスぺのろくろっ首を僕が使ったことでMさん、さらに奈落の底に落ちてしまいます。
M「うわ、さらに動かねー?!エイビルより動かねぇ?!」
実はろくろっ首って割と動かないんです。ただし、イレギュラーなことはないので僕的には魔女子さんよりは楽かな?って思ってました。
で、僕はこれをSPXで使って初めてショートスライドながら綺麗に連続で運転できたので、それを見たMさんは割と動く部類に思えたのでしょう、しかし、実際は全然違ったので・・。
M「こいつ、形が形だから水圧を受け流すんだよな、それでいてほぼ水平うきだから全然竿に感覚が乗ってこない。俺はろくろっ首が一番難しいわ」
なんとまぁ、魔女子さんを差し置いてMさん的にはろくろっ首が史上最強に難しいハトスぺになってしまいました(笑)。

でも、ナイターから飛び出して明るい時間に2人でルアー投げしてわかったことは、Mさんと僕では根本的に運転の仕方が違うこと、そして投げる速さも違うことでしたね。
なので、結論的にはナイターで使うルアーがかぶっても、2人とも同じように釣れることは少ない、と思います。
だから面白いのかも。

3時間ほどあーでもこーでもないの話をしながらのルアー投げ、家の娘の「お昼前には帰ってきて」コールが1時間前にあったので、それに合わせてお開きとなりました。
シーズン前のこのルアー投げ、良いなぁ。Mさんに言ってスミスコネクション参加できなかったら恒例行事にするか相談しようかな?

今日は「スミスコネクション静岡支部?のルアー投げとスミスコネクション本部のルアー投げはえらく差があった」という題でお送りしました。
僕らは本当に道具好きの2人会合だったのに対し、本部はピクニックだった、と聞きました・・・それも良いですよね。





Appendix

プロフィール

つぅ

Author:つぅ
FC2ブログへようこそ!

数勘定

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ