Entries

ある日の比較ネタ

レヴォーグ 1.6GT
スバル レヴォーグ1.6GT(アイサイト無し)
水平対向直噴ターボで1600ccレギュラーガソリン仕様のレヴォーグです。実車、ようやくお目に掛かれました。画像でみるとずんぐりした感じですが、実際はとってもスマートでエッジの効いたデザインです。正にレガシィ・ツーリングワゴンの後継車です。(ちなみにレガシィ・ツーリングワゴンは現行型をもって国内仕様車は廃盤になります)
良いなぁ、カッコいいなぁ・・・・・お金ないなぁ(泣)・・・・・管理人です。

今日は車の話じゃありません。道具の話ですよん。
ふと、思ったネタ、ラインのお話。
前にも書いたんですが、僕はぶらっくのトップウォーターでは基本ナイロンラインしか使いません。
で、自分が理想とするラインを求めてあれやこれやと使ってきて、現在3種類に落ち着いてます。
バリバス バスプライド ハード
バリバス バスプライド・ハード
と、画像はないですが、バリバス・グラン ノガレス デッドオアアライブ・ストロングモデルがあります。
もう一つが、
よつあみナスリー Nウォーカーナイロン10lb
YGKよつあみ ナスリーNウォーカー・ナイロン

この3種は今のところ理想に近いのですが、それぞれに短所もあります。今回は個人的な比較対象をしてみようかと。
で、デッドオアアライブは現物がないので、ナスリーとバスプライドの2種だけ、それぞれの簡単な個人比較をしてみました。

1つ目
バスプライド・ハードは「ハード」と言う割にはしなやかに思えます。柔らかいという言葉よりも「しっとりした」と言う言葉が近いかもしれません。その分、ルアーも運転しやすく思います。
最大の特徴はリールの巻癖が付きにくい上に強い事。実釣5釣行まできつい巻癖が付きにくいのは嬉しいことです。
短所としては慣れないとナイターで使いにくい。明るい時間にタイミングを見ておく必要があります。
そして、このラインの最大の弱点が、もう売ってないこと(笑)。

2つ目
よつあみ ナスリーNウォーカーナイロンは、よつあみの開発したW-DMVと言う、吸水しにくいナイロンを使用した市販ナイロンです。連続6釣行位使いましたが、巻癖はつきやすいものの、体感的な強度劣化は少なく感じます。
柔らかい、と謳ってますが、僕が思うには伸びが少ない分固く感じます。それの証拠が巻癖の付きやすさです。
以前、3月にテストした時はまだ寒いからナイロンが生きてない、と思っていたんですが、5月に使ってもやや巻癖が付きにくくなった程度にしかなってないことから、これはちょっと改善していただきたいウィークポイントかもしれません。
ラインのカラーも8lb以降はへんちくりんな色(ミートブラウン)を採用してますので、だったら素材を生かすためにクリアーのままでもよかったのでは?と思います。
比較的浮気味の特性も、ゴミや水垢が付着しだすとルアーとの結節部から途端に沈みはじめ、ペンシルのスライド時にフロントフックで拾ってルアーが勝手に殺されてしまう事があるので、ラインメンテ、もしくは釣行ごとにライン先端を数mカットの処置を施す必要があります。
バスプライドに比べてウィークポイントが目立つようなナスリーNウォーカーですが、実は巻癖が強くなりだす5釣行前までなら、ナイターには非常に役立つラインと言う事が解りました。
単純に伸びが少ないから、と言うわけではなさそうです。この点ではデッドオアアライブが低伸度同士としての比較になりますが、明らかにナスリーの方が感度的に一歩上を行ってます。実際、今ナスリーからバスプライドに巻き替えて夕まず目からのナイターをやってますけど、ナスリーなら使い易く感じたスインググランパが、バスプライドだとラインの煽るタイミングが若干変わってしまったかの様な錯覚を受けてます。今までバスプライドでも平気だったんですよ、ナイターは。
それだけ感覚だけが物を言うナイターでは大いに役に立ってたんですね。だからと言ってデイゲームに使えないラインと言うわけではありませんから。
それとコストパフォーマンスですかね。91mですが、大抵800円前後/一巻きで買う事ができますから、4釣行で1回交換にしてもそれほど痛手にはならないのではないでしょうか。

ちなみにですね、僕はこの2種類共にラインコートを使ってます。(比較対象時の巻癖が強くつき始める釣行数はラインコート無塗布)
Show No.1ラインコート
Show No1ラインコート。
最近、気に入ってます。効果はおおよそ3時間程度じゃないかな?と思いますが、とにかくルアーが、ぶっ飛んでいきますよ!釣りに行く前日に吹いて乾いてから使った方が如実に効果を体感できます。
吹いた直後でももちろん使用できます、変な油系の物を一切使ってないので、濡れてる時に触っても手がギトギトしないのは非常に嬉しいし、当然環境にも優しい。
ラインの巻癖の付きにくさも個人的には1~2釣行程度は伸びてると思います。IOSも良いですが、僕はこのShow No1ラインコート、推します。

性能的にはIOSラインコートの方が良いのかもしれませんけど・・・・IOSラインコート 
でも、僕の施工の仕方が悪かったのか何なのか、体感できたのは「持ち」位なのかな?飛距離に関しては正直何とも言えないのですが・・・。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pencildirt560204.blog.fc2.com/tb.php/100-f81bd3d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

つぅ

Author:つぅ
FC2ブログへようこそ!

数勘定

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ