Entries

お茶の合間です

しばらく更新サボってました、管理人です。

秋冬番、始まってます。正確には「秋冷茶(頭から数十センチだけ刈った生葉)」です。
で、昨日の仕事終了から今日まで「雨」でお休みになりましたので・・・・と言っても、この雨、暴風でしたね。ちょっと被害にあわれた方、誠に申し訳ございません。

で、お休みになりましたから、少し更新しないと・・。

今日は適当なネタで・・・。
ぶらっくの道具のお話です。

僕はスミス スーパーストライクのイノベーション、クラシック、ハトリーズ・スティックHSを使ってトップウォーターの釣りを展開してますが、組み合わせるリールは、ハトリーズ・スティックHSを除いて、全てオールドのアブ・アンバサダーを乗せて使ってます。
スティッキー0
今年は78年型の5000Dがスタンダードになってます。
はっきり言って最新型のリールを使って釣りをした方がはるかに快適だと思います。昔のベイトリールに比べたら軽いし、スプール回転も尋常ではなく、静か。しかも扱いやすい。
対してアンバサダーは、今のリールに比べたら飛距離はやや落ちる、重いし、ちょっとうるさい。手の大きい人でないとちょっとパーミングが辛い。
でも、性能を超えた「魅力的」な言葉で満ちています(と、思ってるのは僕だけでしょう)。
それは、良く聞く「小さいころの憧れ」もあるんでしょうけど、今見てもカッコいいと思える佇まいでしょう。
自分で簡単にバラせてメンテできるのも道具としての魅力でしょうね。
ちょっとだけ整備
78年型5600Cと合わせるはFGO65L。
アンバサダーが好きなので、スミスさんが新生スーパーストライクシリーズをマグネシウム金属とはいえ、往年のチャンピオン・グリップの様なオフセット・グリップで世に出してくれた時はとても嬉しかった。パーミングのしやすさは、はっきり言ってチャンピオン・グリップには負けてしまうものの、それでも慣れてしまうと「これが現在のオフセット・グリップなんだな」と思える位手になじんでくる。

「リールがオールドなんだから、竿もオールドにするのが普通じゃないの?」

と言われそうですけど、オールドの骨董品を使い倒す程、僕は金も度胸もありませんし(笑)、何しろ、言い方は少々きついですけど、
「使われまくってブランクがヘタって腰抜けした竿なんか、使いたくもない」
と言うのが本音なんです。もちろん、傷だらけであっても未だにしっかりしたブランクのオールド竿も当然ありますから一概にすべてに当てはまりませんが、ヘタった竿を使って酷い目にあった事がある僕だからそう思ってしまうんですね。
だから、竿は可能な限り新しいものを使ってます。「新旧の融合」ってやつですかね。

こんな感じが僕のスタイルですね。

訳の分からん文章にお付き合いいただき、有難うございました。

おまけ。

そういえば、お茶の合間に軽く陸ッパリしました。
小さいけどカッコいい
20cmに足りないぶらっくですけど、背ッパリがカッコいい子でした。
タイニーボムをもじもじさせたら、「パクっ」と。
こんな場所のポケットに入れてました
ウィードだらけの池のポケットに入れて遊んでました。
・・てか、6lbラインでやるんじゃない、って怒られそう・・・・。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pencildirt560204.blog.fc2.com/tb.php/120-daef9267
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

Author:つぅ
FC2ブログへようこそ!

数勘定

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ