Entries

車の修理とインプレッション!

どもです。
更新できなかった分、まとめてます。

昨日の(6日)雨の中、車屋さんに行ってきました。
ここ一か月、エンジンオイルを交換してからエンジンルームから異音が出る様になりました。
通常のエンジンノイズの中に軸受が駄目になってる様なひときわ高いノイズが混じってます。
どう考えてもエンジン本体と言うよりも、エンジンに付随している補器類が原因の様ですが、果たしてどこなのか?
原因がどこか調べてもらい、必要に応じて修理の予定を立ててもらうためでした。

で、原因が判明したわけです。
水平対向エンジン オルタネーター
まず、一番の元はオルタネーター(ダイナモ。発電機)。恐らくここか?と思ってたとこが見事にビンゴでした。このオルタネーターの軸受が駄目みたいで、オルタネーターをばらしてのの部品交換は無理で、結局本体まるっと交換ですって。
そしたらもう一つ別の異音があったとの事。それはエアコンのコンプレッサーへ動力を伝える前のベルトのプーリーの軸受までやられてたそうです。
こう書くとエアコンをしょっちゅう使わなければ、そんなとこダメにならないのでは?、と思いがちですが、実際は車内のエアコンON/OFFはコンプレッサー本体が動くか動かないかのスイッチであって、このプーリー自体はエンジンと同調してるため、始終動きっぱなしなんだそうです。だからプーリーの軸受が摩耗するそうです。
で、修理代を見積もってもらうと、おおよそ60000円!。
これは、オルタネーター本体をリビルド品(再生品)使用にしたので、新品だともっとかかりますから、まだ良かったんじゃないか、と。
この2つ、ほっとくといずれ車が正常に機能しなくなるので、修理は当然依頼しました、9日にオペです。
車買い替えれば?とも言われましたが、そんなお金あったらとっくに替えてますって。

で、この調査中に僕の営業担当の方が外から戻ってきたので、ちょっとお願いして試乗車で遊んできました。
スバル インプレッサG4 2.0i-Sアイサイト
スバル インプレッサG4 2.0i-Sアイサイト
営業さん、試乗車に、最初は最近WRX STiと同時に発売されたほぼ同じデザインであるWRX S4(スポーツATセダン。ATでもターボで300馬力!)を勧めてくれたんですが、そんな車、めちゃ速くて走るのは目に見えて分かってましたので、逆に最近のNA水平対向、しかも2リッターで乗りたいと思ってましたから、これが良いと指定したわけです。
インプレッサは5ドアハッチバックの「スポーツ」と今回試乗の4ドアセダンの「G4」の2ボディと1.6リッターと2リッターの2エンジン、駆動方式も前輪駆動(FF)と全輪駆動(AWD)の2パターンずつの展開になってます。
コックピット
コックピットの計器板も先代のレガシィの様に中央にマルチインフォメーション・モニターが付いて凄く良い雰囲気です。
このモデルは最近後期型一発目として大きいマイナーチェンジをされたアプライドCモデルです。
前後バンパーがよりアグレッシブなデザインになり、運転支援システムであるアイサイトもバージョン2から今レヴォーグに最新として付いているバージョン3が搭載されました。
エンジンパワー自体には変更はないものの、トルク特性を低・中速よりにしたために普段必要な力を十分出せるそうで、2リッターのみに採用されている2モードSiドライブも、よりスポーツ特性・より省燃費特性のセッティングとして少しいじってあるらしいです。
加えて走りの面では足回りの関節の一部にピロボール・ブッシュを採用したり、ダンパー自体もリバウンド・スプリングダンパーなるアブソーバーを採用して接地性を高めたり、ステアリングギア比も14.5:1と言うクイックなハンドリングになりました。
さてさて、気になるインプレッション。とりあえず走り出すと、大してアクセル踏んでないのにスルスルっと流れるように走ってしまう。まあリニアトロニック(無段変速オートマ。Siモードのスポーツモードにすると、6速になる)だし、マニュアルミッションとは違いますからねぇ。
営業さんにお願いして試乗コースを変更させてもらってバイパスへ向かいます。ここでやる事はもちろん、
Siドライブのスポーツモード全開加速!
ここではハンドルについているSiドライブモード・スイッチをインテリジェントモード(I)からスポーツモード(S)に切り替えて、ハンドルの内側にある「パドルシフトレバー」を使ってギアチェンジをしながらどんな具合か体感です。
早速、フロアレバーをMに倒して、パドルシフトモードで2速に落としてアクセルぺたぁ~・・・・。
流石に基本オートマのNAなので、踏んでからの加速が立ち上がるまでラグがターボよりも多いのですが、立ち上がり始めたらまるでターボの様な(と言うか2.5リッタークラスの吹け上がり)加速を始めたので一瞬ビビりましたよ。これは、きっとインプレッサ自体も車重が1.4tと他の車種に比べたら軽いことも起因してるんじゃないかと思いますが、それを差し置いても、一昔前の水平対向NAに比べたら吹け上がりも加速も相当鋭くなって「進化したなぁ~」とはっきり感じましたね、これなら2リッターNAの水平対向でもスポーツエンジンと呼べる域にまで来たんじゃないか、と。
正直、2世代前のレガシィ(BE系)NAより良いと思います。
吹け上がった時のエンジンの音も僕の好きな6気筒エンジンの音には及ばないものの、カッコいい吹け上がり音を聞かせてくれます。
足回りに関しては接地感はあるのに、跳ねる感じがかなり抑えられてドイツ車の足回りに感じは近いと思います。
乗り心地としては乗車した人全員が不快を感じる事はきわめて少ないと思う、良い乗り心地だとは思いますが、その分路面からの情報が伝わりにくい上にクイックなステアリングギア比のせいか、操舵に少し不安も植え付けられてしまう足回りでもあるな、と思いました。僕ならやっぱりバネだけでも交換して乗りたいですね。

なんだかんだ、うるさくインプレしてみましたけど、思ってた以上に出来のいい車でしたね、インプレッサの2リッターは。
悪くないんですよ、かえって「良い」んです・・・でもターボも良いんですよねぇ・・・・・。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pencildirt560204.blog.fc2.com/tb.php/146-e552377d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

Author:つぅ
FC2ブログへようこそ!

数勘定

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ