Entries

今日は休みでしたから・・・

どもです。

肥料ふりの仕事が雨天でできないため、土曜日の休みと本日が入れ替わってお休みになりました。
・・・最近、連休って無いなぁ・・・。


なので、朝一から散髪に行き、その足で半日釣具屋巡りしてきました。
個人店と、量販店2件ずつです。
今日の仕入れ物
本日のブツです。
チャガースプーク2個と磯とか防波堤の浮釣りなんかに使う、「浮き止めゴム」です。
これ、全てナマズ釣りに使います。最近、ナマズ釣りのことしか考えてませんね、まともに釣りに行けてない分、妄想する時間が多くなりましたよ。


で、今日届いたんですよ。
KTF/IXAカーボンハンドル
KTF/IXA ハイパーストレート 80mmカーボンハンドル。
バスプロであり、リールチューナーでもあり、ダイワのベイトリール「T3AIR」の開発にも噛んだ、沢村幸弘さん率いるKTF(キャリル・チューンド・ファクトリー)のカスタムパーツIXA(イクサ)ブランドのカーボンハンドルです。
見た目も色もZX3600LJに合わせた感じでしたので、ポチッてみました。

最近の最新型ベイトリールのハンドルって、国内外ともに両端のノブ部が内側にオフセットされたハンドルが主流なんですね。
見た目もカッコいいし、何よりつまむ位置がリール側に寄ったことで安定した巻きができる、と聞きます。
でも、このオフセットパワーハンドルは基本的にドラグ・ウィールの爪も内側に寝ているタイプでないと装着できないんですね、なのでハンドル選択に少し苦労しました。
ZX3600のマグはオフセットハンドルが使えますが、IVCBシリーズはドラグウィールが従来の物ですので、必然的にストレートタイプを選択しなければなりません。ドラグウィールを対応する物に付け替えれば、オフセットハンドルは使えますけど、そこまでやる気はしません。
しかも最近はハンドルフレームがカーボンが多いんですか?!慣性重量が小さくなる分回しやすく、重量バランスも良くなってリール総重量さえも軽量化できるし、意外と丈夫。でもその分めちゃ高価ですよね。
僕は別にカーボンじゃなくても純正のモラムのハンドルでも十分良かったんです、しいて言えばもう7年前位ですか?
SX1600/3600のウルトラマグのバリエーションに「フォレーレ」って言うトラウト対応機があって、その機種についていたパワーハンドルだけはノブが木目調の丸ノブだったんですが、そのハンドルが欲しかったです。
でも、意外に今どきのカーボンも良いのかな?、と発見したのが今回のKTF/IXAのカーボンハンドルでした。

さっそく取り出してハンドルだけ持つと・・ビックリするくらい軽い!!
おもちゃでも掴まされてしまったか?!、と錯覚するくらい軽いです。普段から真鍮製のパワーハンドルばかり持ってる僕からしたらアホみたいに軽くてびっくりしました。
なら、付けたらどんなんかすぐ試したくなったので、まずはZX3600LJのギアとベアリングだけ再注油のために軽くバラします。
IVCB側
基本的にSXと似た感じですが、ちょっとバラすのは躊躇います。
樹脂パーツは結構気を遣うんですよね・・・・・。
ギアボックス側
ギアボックス側も似たり寄ったり。違うのはメインギアの大きさか。
今回はメインとピニオンのギア清掃と再注油が主でしたから、基本ボールベアリング以外は手を付けずにまた組み込みました。使用油脂むはもちろん、M.T.C.W(最近知りました、「モト・テック・カスタム・ワークス」の頭文字なんですね)のギアグリス、MTGG-B、オイルは汽水域の釣りも考慮して今回はSW01をボールベアリングに打ちました。
ちなみに開けて中を見ましたが、あんまり使われていた形跡もバラした形跡すらない状態でしたが、ハンドル回せばどうしても出てしまう僅かなギアの振動がある程度でした。再注油後はグリスの効果は絶大で、ギアの振動は激減(消えてはいない)し、オイルも打ち直したおかげでスプールの回転も注油前よりいささか良くなりましたよ。


さて、メンテしたZX3600LJにハンドルを組み込みます。あ、ちなみに最近のアブガルシアのリールって、ハンドルとドラグウィールの間にあったフリクション・ワッシャ―が組み込まれなくなったんですね。おじさん、失くしたか?!と思ってびっくりしちゃった。
アブ ガルシア モラムZX3600LJ IVCB
ライトジギング用にしか見えなかった外観が・・・・













装着! フロントビュー
装着! リアビュー
立派にキャスティング・マシンな外観になりました!!

イケてるんじゃないですか? ハンドル持って回した感じも凄く軽くて・・・・これに慣れちゃうとオールドアンバサダー使う時にギクシャクしておかしくなりそうで怖いんですが・・・(汗)。 
でも使うのがとっても楽しみになってきましたよ、しかしシーズンまでは妄想族ですよ・・・・・。
ちなみに、IVCBの4ブレーキ化計画も水面下で動いていたりします(笑)。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pencildirt560204.blog.fc2.com/tb.php/157-5e6a5752
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

つぅ

Author:つぅ
FC2ブログへようこそ!

数勘定

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ