Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pencildirt560204.blog.fc2.com/tb.php/194-3b26477e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ファイン・フロートⅡを使ってみた・・・

どもです。
お茶が終わって好きな事をしようと思ったんですが、暑すぎてどうしていいかわからずに釣り以外何もできないままでいます。
・・しかも、お茶の毛羽を被った首筋が荒れちゃって痛くてたまらない・・・どうしようもないです。早く治らないかな・・。

さてさて、今回はちょっとサボったのもあって、2釣行をまとめて書きます。
で、この釣りで今年のSSDで話題に上った、鳥居さん一押しのラインである、サンラインのファイン・フロートⅡをようやく使いましたので、インプレも載せようと思います。

さてさて、お茶が終わっての第一弾の釣りは、7月29日のもらったお休みを使って地元Mz池に午後からフローターをやりました。
くそ暑い午後から入水
今回は今年初のスモールハトリーズ仕様です。
HS64LにアンバサダーモラムSX3600C、これにいつもならバリバスのデッドオアアライブの6lb、もしくはYGKよつあみのナスリーNウォーカーナイロン6lbを巻いて行ってたんですけど、今回は・・・
サンライン ファインフロートⅡ1.5号
サンラインのファイン・フロートⅡ1.5号を巻きました。
ファイン・フロートⅡは不思議な事にいつも回る量販店では1.75号までしか置いてなくてちょっと困ってたんですけど、たまたま入ったJ州屋さんに置いてあったのを即座に買ってきました(しかも2巻きしかなかったので、買い占めました)。
ようやく、僕もこのラインを使う時がやってきた、というわけです。

減水してちょっと入水がし辛い発着場?の近くに打ち上げられていた犬だか何だかわからない生き物の死骸の腐敗臭を我慢しながら入水。入るまでは滝のように流れていた汗も下半身が涼しくなるにつれて引いていきました。
さてさて、一投目はキャスパーをチョイスしていざなんとやらっ!
リールはオイルを打ち過ぎるとすぐに遠心ブロックに回ってしまうので、今回のメンテではほんの少しだけに留めましたが、まあまあの回転で軽量キャスパーを遠くへ運んでいきます。
で、いざ操作。
お?遠くのルアーの動き出しが早いし・・何?水切れが良いんですけど・・?
これがP-ION加工によるフロート性能ですか?!だとしたら、これは今までにないタイプのフローティングラインですな、良いんじゃないですか?!
しかし、ここまで。ルアーが近づくにつれて今までのルアーの操作ではなんとまぁルアーが跳ねてしまいます。
んぁ?操作のタイミングを変えなきゃですかね・・。
普通のソリッドナイロンを使うと、大抵ルアーのアイから1m位の位置は15~20cm位沈みますので、多少強い入力をしたくらいの操作なら丁度良い位の動きをするものですが、こいつは結構あんまり沈まないタイプでした。ですから、強い入力はご法度状態なんですね。
だって、下手な中空ナイロンよりも浮いてる感じがしましたもん。完全に水面上に浮く、と言うよりも水面に張り付いてるけど表面張力を突き破ってない浮き方をしてるんですよ。中空ナイロンはどっちかと言うと表面張力を突き破りながらも浮力を維持してる感じなんです、なので大半の中空ナイロンはソリッドのナイロンラインと操作に違和感があまり感じないんですけどね。

ナイロンなのにこの感じは今までの操作をリセットしなきゃならないのか?!、と思うほどでしたが、それでも糸ふけを普段より多めに出しておくことで、何とかなりましたが、それでも今までよりもどこかぎこちない釣りになってました。
と、ここで・・・・雨キター!
夕立来ましたぁ~っ!!
少しずつ、ぬるかった水が気持ちいい位に冷えてきて、活性上がってサイズアップのチャンス!!
そして、僕のトレッピーに・・・
トレッピーで22cmが横っ飛びで!
22cmが横っ飛びで襲い掛かりました!
これを筆頭に雨がやむまでに4本獲ったのですが、全て似た様なサイズで30cmを超えるぶらっくは獲れませんでした。
で、この日は雨が止んだあとに撤収しました。
半日ファイン・フロートⅡを使って釣りしましたが、この1.5号はハードタイプと言う表示になっており、号数が上がるにつれてだんだんソフトタイプになっていくんですが、1.5号でハードタイプと言うのは、ぶらっくを獲る分には良いタイプだと思います。ハードと言っても細号数のせいでしょうか、しなやかに感じましたよ、要は伸びが少ないって意味なのかもしれません。
それとびっくりしたのが、この暑い時期の野池は植物などが排出する汚い膜が水面に漂ってる事が多いのですが、このラインをその幕の中に突っ込んでみたところ、普通のナイロンでも小さなゴミを付着させてくるのが常設なんですが、このラインは全然とは言いませんが、ゴミの付着が極めて少ないのがちょっと驚きでしたよ、これは!って感じでした。まあ本当のドス汚い膜が出たころに突っ込まないとわかりませんが、この時期の膜なら付着による沈みは今までよりも極めて少ないのではないか?、と。
ただ、一つ難点があるとしたら、それは耐摩耗性に関してはちょっと弱いかもしれません。
ヘタなのでちょくちょく垂れ下がった木とかにルアーを引っかけちゃうんですが、それが巻きつき気味で引っかかったのを竿で引っ張って取ったりすると、摩擦で縮れてる事が多々ありました。しかも最悪の場合はその縮れをちょっと伸ばそうと長めにラインを引っ張ると切れてしまったり・・(まぁ、痛んでたんでしょう)。縮れやすいと言う事は摩擦に弱いと言う事なんでしょうかね、なので耐摩耗性に関してはちょっと・・と思った訳です。

で、昨日の8月1日の晩は久しぶりにMさんと一緒にナイターをやりにH方面の池2か所行ってきました。
7月1日 雨の日の5000Dと63THM
画像は昨日ではないですが、この時期はSS63THMと5000Dのセットを使います。
水車とかポッパーを多用する時期でもありますが、グランパ、マグナム系のペンシルも多用するためです。
で、昨日はこのセットにファイン・フロートⅡの2.5号を巻いて挑みました。
Sky裏では最初、Mさんが22~25cmサイズを2本獲っただけで、月夜でしたから僕のポジションでは月夜が当たって全く魚の反応がありません。
そして、このファイン・フロートⅡの2.5号、セミソフト表示です、ナイターですのでちょっと感覚がわかりません。解るのはルアーの引き抵抗を強く感じた時は、すでに硬い動き、要は跳ねちゃってる、ってことぐらいですかね。
しかも、こっちの方の池はアオミドロ(藻)の大量の切れっぱしが浮遊ゴミと共にあっちへふらふらしてるため、それが乗って水面上のラインを沈させてしまうんですが、ご多分に漏れず、このファイン・フロートⅡを以てしてもこれは防げませんでした。なので動きだしと途中で5秒以上停止させる、なんて事をすると必ずその後の一発目のライン捌きは重いです。
まあ、ひょっとしたらファイン・フロートⅡ自体が沈んでるのかもしれませんが、ナイターですのでその真偽はわかりませんでした。
さすがに何もないのは癪でしたから、やっぱりクロックスで釣りに来てるMさんを置いて(笑)、一人最奥の流れ込みに突入しました。
ここで獲れなきゃもうだめですからね、獲れるつもりで結んだのはクラシックシリーズのチアーバンプ。
流れもありましたし、雑草の高さゆえしゃがんでの操作ができませんでしたから(僕、基本しゃがんで操作します)、立ったまま。なので、糸ふけもいつもの2割増しで操作します。
大体、ここは3投目までで結果が出ますが、3投目になっても結果が出せない!
焦りましたが・・・・
夏バテぎみ?の38cm
38cmが4投目にして出てくれました!!
岸に抜いたときに落下したんですが、御用となりました。
今回は妖怪「逃げらった」も出てこなかったので一安心(笑)。
で、僕も獲ったのでここを後にしました。
次にAs池に行ったのですが、ここでは同じくチアーバンプを停止中に持っていかれて慌てて合わせたのですが、残念ながらバレてしまい、これっきりとなって12時頃に撤収しました。Mさんはここでは出もありませんでした。

で、この2.5号版の総評ですが、あらかじめ普段よりも糸ふけは多い方が良い事を昼間の釣りでわかってましたのでそれに則って使った訳ですが、正直可もなく不可もなくって感じでした。
ですが、このセミソフト版に関してはちょっと伸びがあるな、と言う印象を受けました。獲ったルアーであるチアーバンプのフックも甘かったのもありますが、それ以前に竿を真上にあげる合わせ方をしたにも関わらず、うまく力が伝えられていなかった感じを受けました。この前に巻いていた、バリバスのバスプライド・ハードでしたら、同じ合わせでもちゃんと針に刺さったままぶらっくを抜けたのですが、これが一本は獲ったにしても抜きあげた直後に針から外れて岸に魚が落ちてる事から、今までの合わせの入力ではちょっと足りない気がしました。これが張りのある強い竿なら何の問題もないでしょうが、ハトリーズを使うタイプの竿は力はあってもスローテーパーの低弾性ですから元々力の伝達を吸収されてしまいやすい竿に伸びのあるラインは獲る事に関しては、ちょっと人間自体の魚を往なすテクニックが必要でしょうね。その分、操作に関しては僕からしたらナイターでも感覚は掴みやすかった、と思ってます。それが可もなく不可もなく、と言う意味なんですよ。
ただ、ゴミの付着の少なさは夜間でもこのファイン・フロートⅡは今までにない綺麗さを保ってました、これは号数や性格が変わっても変わらないですね。

以上、鳥居さんがお勧めしてくれ、SSCの皆さんがこぞって使ってらっしゃる巷で噂のライン、サンラインのファイン・フロートⅡの管理人的実釣インプレッションをしてみました。
あくまで僕個人がいろんなナイロンラインを使ってきて、個人的にこう感じた、と言う感想です。ですから、これから使ってみようと思ってらっしゃる皆さんの参考になれば嬉しいのですが、個人個人その物に対する考え方・感じ方は異なりますので、使ってみた方で「そうは思わなかった」とか、「いや、俺はこう感じたよ」って言う僕と違う感想がございましたら、コメントにて是非教えてください。
ちなみにこのラインの聞いた評判の中で、SSDの時に鳥居さんや油屋さん、霞小僧さん他の方が口をそろえておっしゃった「水切れが良い」と言う事は納得です。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pencildirt560204.blog.fc2.com/tb.php/194-3b26477e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

つぅ

Author:つぅ
FC2ブログへようこそ!

数勘定

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。