Entries

ミロ?マイロ??L&S???

どもです。

仕事場の人為的プレッシャーで2日休みを気分的に台無しにされてしまった管理人です、釣りしてても意気消沈・・・・ハイレベルな仕事場です、頭の悪い僕では付いていけない・・・。

さてさて、多少でも気分が晴れましたので、サボった?!ブログを更新です。

今日のお題は久々にルアーにしてみようと。

4つのL&S
L&SのW水車のバリエーションです。
L&Sはアメリカのルアーメーカーですが、現在ではブランド名である「ミロ(マイロ?)ルアー」としての名前が有名だと思います。
下の2本はスミスファンの方なら、ご存じ、本山博之さんのチューンド水車であるAプロップ本山バージョンですが、上から2本目の水車がベースになっています。
上から2本目、Aプロップのベースとなったルアーが、現行でも販売されています、コードネーム5Mこと、「ミロ・サーフェス・スピナー」と言うお名前です。
ところが、このサーフェス・スピナー、姿かたちは殆ど変らないものの、さらにご先祖様がいらっしゃいます。
それが、一番上の水車です。ご存知の方、おそらく40代以上の方じゃないか、とお察しします。
L&Sダブル・スキャットと言います。故・西山徹さんの著書「ヒット・バスルアー」に掲載されていて、尖がった形が好きだったんですよ。でもようやく手にした時はサーフェススピナーに変更されてからでしたね。
単純に古いルアーと言う物で、性能がうんぬんかんぬんと言う事ではありませんが、最近になってようやく手に入れる事が出来たので、5Mとの細かい違いをご紹介しようと思います。
ダブルスキャットのフロント・ペラ
ダブルスキャットの前ペラです。
L&S/USAの刻印ペラは初めてみました。
サーフェス・スピナー5Mのフロント・ペラ
サーフェス・スピナーに変更されてからの初期~中期バージョンですと、この5M/FLOATER刻印ペラなんですが・・・・
ダブルスキャットのリア・ペラ
ダブルスキャットの後ペラは5Mの刻印です・・
ちなみにですね、某ベリーで手に入れた同じカラーのダブルスキャットをMさんにおみやで献上したんですが、そのダブルスキャットは、前後ペラとも5M/FLOATER刻印でした。
もっと細かいこと言うと、完全なる現行モデルはペラに刻印がありません。僕の持ってるこのサーフェス・スピナーも現行とは言え、かれこれ10年以上前に買った物です。ですから、まだ刻印があるペラでした。
元々、5Mと言うコードネームはダブルスキャットもサーフェス・スピナーも共通なんでしょうね、オリザラだってオールドと呼ばれるタイプからX9255って言うコードネームは不変ですもんね。
でも、やっぱり名前が違うから・・・・
DSとはダブル・スキャットの意味?
ダブルスキャットは゛DS"?
5Mは現行ですが・・・
サーフェス・スピナーは゛5M"?
と、印字が違います。
そして、移り変わりと言うやつでしょうか、現行の目玉、店頭なんかでよく見るのはクリアレッドばかりですが、ダブルスキャットと最初期のサーフェス・スピナーはクリアの目玉があります。
さらに細かい事言えば、上の画像にあるフックリグ、古いタイプと現行では刻印の大きさ、三角形の幅の違いがあり、さらに装着されたフックのシャンク(フックの穴から針のカーブまでの直線部分の事)が現行になるにしたがってショート・シャンク化しているというのも面白いです。
肝心の「泳ぎ」ですが、古参のトップウォータープラグにしては珍しい程喫水線が高い、つまり水面に出るのはボディの頭側半分の背中だけ、と言う浮き方で、ただ巻ですと特に無音にしか思えないほど静か。でもジャークすれば「シュッ!、シュッ!!」と高周波系のスウィッシュ音を奏でます。似た音を出すルアーですと、ハトリーズのプラシリーズですが、ベイシング・スパローがこれ何となく近い音ですかね?。
前後逆回転ペラですから、巻中の糸撚れはほぼありません。

本山さんはこの5Mを相当使ったんじゃないでしょうか?、本山バージョンを出した時のチューン内容の中にペラはもちろんですが、やはり「喫水線」をさらに調整したことを載せてました。おそらく本山さんがこのオリジナルの喫水線に一番注目したんじゃないのかな?、って思います。トップだけどニア・サーフェス(水面ギリ)ですからね、浮き方が。
コーリング・アップAプロップ
Aプロップ本山バージョン。
これはミロの5Mを本山さんがチューニングするとこうなる、と言う5Mの発展系と言えます。
Aプロップ2008リミテッド
Aプロップ2008リミテッド。
Aプロップを金メッキにして、ボディのメッキシートをアワビシートに換装した、集魚効果をさらにアップさせた限定モデル。確かにぶらっくを振り向かせる能力は素晴らしいです。ヒットまで行かなかったものの、良いサイズがどこからともなくこのルアーにすっ飛んできたのを何度も目撃しました。
ただし、このルアーはアワビシートの重量誤差のせいか、スロー・シンキングになってしまう物が平気で流通しています。ちなみにこの僕の所持してるものも残念なことにスローシンキングになってしまう物でした。
ちゃんとしたスローシンキングモデルも売られましたが、それは腹に゛Slow Sinking"と印字されてます。僕のはパッケージにもフローティング、と書かれていましたから、本来ならクレーム物なんですけどね・・。
現在、リミテッドモデルが復刻されてますが、怖くて買い替える事ができません、だって1個漱石さん3人ですもん(笑)。

今日はL&SのW水車のお話をしてみました、ちょっとマニアック入りましたが、ご勘弁を。








スポンサーサイト

コメント

[C270] 祝50UP!

そんな池が近くにあったら毎日行きますね(笑)

5Mっていつの間にペラ刻印無くなったのですね。
以前、トップ党に連載している珈琲屋に5Mとダブルスキャットの違いを
色々聞いた筈なのですがすっかり忘れてしまった汗。
自分も久々に引っ張り出して使ってみますかね。
  • 2015-08-24 23:50
  • URL
  • 編集

[C271] ご長寿ルアー

ずっとダブルスキャットの品番が5Mかと思ってました。
既に変わっていたなんて!歳をとりました(笑)

Aプロが発売した頃に半信半疑で購入しました。
いつものホームに投げたら・・・まあ釣れること釣れる事、特に若いバスに大人気でした
あまりに釣れるので封印したぐらいです。


あれから数年、最近あまり釣れないのでコイツをひっぱり出したところです(笑)

インナーハンドの合間にただただ巻いてます
  • 2015-08-25 13:00
  • 油屋
  • URL
  • 編集

[C273] 有難うございます!

秀さん。

連書きと祝勝、有難うございます!

そんな池・・・・秀さんが2年前に来てくれた時に連れて行きましたよ?この池は。ナイターで、秀さん最優先で良ポジションをやってもらいましたが、初めての池で闇の中でしたから、距離感がつかめずに早々に引き揚げてしまった、あの池です。覚えてますでしょうか?

今の5Mは刻印無しのペラに見えましたよ・・・もしかしたら刻印が裏返し加工されたペラかもしれませんが(汗)。
その秀さんが聞いたであろうダブルスキャットと5Mの違い、僕も初めて知りました。本文を掲載した後に発覚した新事実でした。
本当のダブルスキャットって、実はリアペラのヒートンに小さな座金が付いていて、カップワッシャ―を利用して、その座金でフックを斜め後方のポジションに固定して回転するペラと接触しない仕組みがされていたそうなんですね、なのでペラからの音がほぼ無音状態になるので、使うタイミングが限定されたルアーだった、と書かれたフジ釣具のブログ?を発見して真実を知りました。
・・・・と言う事は、僕の(Mさんのも)ダブルスキャットはダブルスキャットの様な5M、と言う事ですね・・ちょっとがっかりです。でも、極小座金さえ装着すれば、ダブルスキャット・チューンができる、とのお話でしたので、オリジナルじゃないにしてもダブルスキャット・チューンはやってみたいですね。
でも、僕も基本的には5M好きですよ、今のハト箱には5Mの発展系ですが、Aプロップが常駐しております。
  • 2015-08-25 20:51
  • つぅ
  • URL
  • 編集

[C274] ダブルスキャットの様な5M


油屋さん。
有難うございます。
僕も実は十数年前まで油屋さんと同じく、ダブルスキャット=5Mと思って画像に載せた5Mを見つけた時に飛び上がって喜んで買った物でしたが、実は5M=サーフェス・スピナーだったんです。
実はさらに新事実が発覚しまして・・・・僕の持ってるダブルスキャットはダブルスキャット風味の5Mだった様です。だから5M/FLOATER刻印のペラがリアについていたのか、と。でも救いはお腹の「DS28」の印刷ですかね、5Mは「5Mほにゃらら」の印刷ですから。
知ってる様で知らなかった事実を聞くと、本当に歳とった、って思っちゃいますよね(笑)。

Aプロップ、油屋さんは良い思いされてたようですね。実は僕は5Mが好きでその進化形であるAプロップが発売された時は過度の期待をして使ったんですが・・・・逆に僕は惨敗の一途をたどりましたよ、全然釣れなくて・・。ちなみにBプロップも使いましたが、こちらも・・・でした。
でも、もしかしたら・・と思ってまた最近買い直しまして、ハト箱に常駐しております。でも、なかなか出番がありません。
だって、「操作に疲れた時用」と言う不純な利用目的なのですから…(爆)
Aプロップだけの耐久釣り大会なんてやったら面白いかもしれませんね(笑)。
  • 2015-08-25 21:10
  • つぅ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pencildirt560204.blog.fc2.com/tb.php/200-82f5911c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

つぅ

Author:つぅ
FC2ブログへようこそ!

数勘定

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ