Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C469]

汽水域だといろんな魚が釣れるんですね。
そりゃ道具選び困りますね。(笑)

私は管釣り用にレスタのニンバスを使っています。
ペニョペニョですけど最後はボロンが効くので50cmクラスのレインボーにも主導権は握られません。
個人的に非常に良いロッドです。d(^-^)

スプーンもスピナーも無知なので参考になります。
コーホにこんな小さいのがあったんですね?!
知りませんでした。σ^_^;

ご存知のとおりスピナーはマイブームです。
クラシカルなルアーなのでとてもカッコよく感じます。
道具も揃っているので今年は川に入りたいと思っています。(。-_-。)
  • 2016-03-22 17:52
  • エージェントi
  • URL
  • 編集

[C472]

エージェントiさん。

ありがとうございます。

ボロンは主にバットの強化材としてまかれていることが多いので、ここ一番はこの力が底力なんでしょうね。
ニンバス・・レスターの説明読む分には、いい竿じゃないですか。実物は手に取ったことないですが・・。

僕もあまりスプーン・スピナーは詳しくありませんよ、ただ、好きなものは少しでも覚えてはいます。
コーホは5年前に偶然中古で見つけました、メッキがぼろかったので磨いてあそこまできれいにしましたがそれだけでは寂しいので、オリジナルのカラーよろしく穴あきの隅部分にケイムラ塗料を一筆塗ってあります。
スピナーはシンプルでルアーらしさを教えてくれますね。
渓流チャレンジ期待しています。



  • 2016-03-22 21:38
  • つぅ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pencildirt560204.blog.fc2.com/tb.php/277-414a3789
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ウグイ釣りの道具

どもです。

今回はちょっと趣向を変えまして、ぶらっく・ナマズ・海以外の道具を見せていきます。

当然、エージェントiさんの記事が参考になってます、エージェントiさん、ありがとうございます。

時々記事にしてるウグイ釣りですが、基本はウグイでも、ウグイ以外の魚種も混じりますので、俺ジナルな名称でウグイ五目釣りと僕は言っています。
単にウグイだけ狙うのであれば、正直管理釣り場用のグニャグニャなウルトラライト竿で十分なんですが、僕のやる場所のほとんどが汽水域にあたるので、ウグイ以外に海の魚が紛れ込んできますから、管理釣り場用でもバットがしっかりしてる竿じゃないともしもの時辛い、と考えています。
今まで掛けてバラシたのはコイ、フッコなどの中・大型魚、ちゃんと獲った魚はキビレ、クロダイ、コトヒキ、メッキアジ、カマス、珍しいとこではハゼもありました。
こんなゲストと遭遇することがありますので、僕はこんな道具を使ってます。
ウグイ五目道具
こちらです。
ウグイ釣りにそんなに高価な道具は必要ない、というか比較的安価な道具でお気楽にやることこそが至上!、とまで思ってましたが、経験積むと結局こうなるんですね・・。
リールはよく画像にのっけてますからご存知でしょう、ダイワの2015年フリームスの2004Hです。
昨年、フリームスもネタにした記事を書いてますが、このリールに変えた理由が、ローターのがたつき。
スピニングリールのローターは基本樹脂製ですが、釣り具用の汎用樹脂でできたボディを使った比較的安いリールはやはり耐久性に問題がありました。変にコイみたいな大型魚を掛けてしまって突っ走られると、ローターががたがたになります、ローラーベアリングのハウジングもがたつきが出るみたいで、僕、これで2台ダメにしました。それで2011年版のフリームスに変えました。
こちらはダイワのザイオンという強化樹脂でできたボディで、そうはならなかったのがよかったのですが、今度は巻き取りをもう少し早くしたいのもあって、2015年版に鞍替えしました。

竿ですが、一応管理釣り場用です。しかし、よくある管理釣り場用の竿とはちょっと性格が違います。
これもダイワの竿ですが、トラウトXと言います。
ロゴ1
ロゴ2
6フィート4インチでウルトラライト・パワーです。

このオサーン、この釣りまで長竿かよ?!と言われそうですが、僕は長い竿の方が好きです。長い竿のほうが有利な場所で釣りすることが多いので。
あとは遠くで掛けた魚を獲るには長い竿が有利ですから・・・これは本当です。
長い竿が好きですけど、対象魚によって許容範囲は個人的に変わりますよ、基本的にはぶらっくは6フィート6インチまで、ナマズは7フィート6インチまで、海は8フィート6インチまで、そしてウグイは・・・今使ってるからと言われればそうかもですけど、6フィート4インチという微妙な長さに使い勝手の良さを感じていますので、今の長さが良いですね。
さて、このトラウトXという竿、6000円程度の竿で、ガイドもメッキフレームのハードリングガイドのパーツスペック的には低いものの、僕がこの釣りで一番必要と思ってるところを押さえてるんです。
バット部分にカーボンテープでクロス巻をして捻じれに強くしてあるのと同時にパワーも強化してあるんです。
バットから先は他の管理釣り場用の竿としなりや柔らかさ的にそんなに変わらないと思いますが、バットまで曲がり始めると途端に力強さを出して化けます。なので、40cmクラスの太いウグイもごぼう抜きできるのです。
しかし、この釣りは常に大きな魚ばかりかかるわけではありません、平均的に20cmあるかないか、もしくはそれ以下の小さい魚がかかることだって多いです。そんな小さな魚たちの引きも楽しみたいから、ティップからベリーにかけてはできるだけ柔らかい方が良い。こんなわがままを6000円の竿ができてるのは凄いと思います。

糸ですが、管理釣り場に特化したナイロンラインを使ってます。太さは2.5lb!号数なら0.6号です。
そりゃね、ルアー引っ掛けて引っ張りっこすれば切れますよ、でも最近の2.5lbって思った以上に強くできてますよ。魚の引きごときでは簡単に切れません、それも使いっぱなしで1か月でもそんなに弱らない、てのはものによると思いますが、僕が今使ってるのは山豊テグスさんのファメル・エリアリミテッドのピンク・クリア。安売りしてたので試しに使いましたが、山豊さん、なかなか良いもの作るじゃないですか。

さて、ルアーですが・・・
スプーン
大体こんなスプーンをよく使っています。
最近のお気に入りは下段向かって左の2つ。管釣りのメーカー、ヴァルケインのハイバーストというスプーン。この中では一番のハイアピーラーで、ただまきで十分に魚を追わせます。特筆するのは掛けてはないものの、ボラまで追ってきます。
1.2gから4種類重さがありますが、僕は一貫して最大の2.4gしか使いません、川ではこのサイズが一番だと思ってますので。

上段向かって左は知る人ぞ知るサリパパ・・・・ダーデブルです。確か1.5gです。珍しいですが、正直激ユルの流れ限定でしか使えないので、出番はあまりありません。
下段向かって右端は僕のウグイ五目の定番、コータック5430Aです。このサイズは1.8gですが、これが一番使い勝手が良くて実績も十分。3gまでは揃えてあります、ハイバーストが仲間入りするまでは僕の中では最強でしたけど、今でももちろん使っています。
その隣はコータックの岩魚2.5g。渓流用のスプーンですので、流れの早いとこはこいつにお任せ。コータック、消滅してからもう何年・?
上段真ん中は一時出たのでしょうか?、ダイワの穴あきスプーンでコーホです。しかも2.2gという極小サイズです。使ってる場所が悪いのか、意外に活躍しません。魚は釣ってますけどね。
そして右端、ハス・ルアーです。これはエバンスからルーハージェンセンに変わった時のものです。シングルフックに変えると泳ぎのバランスが崩れるみたいですね、これはもう少し何とかしたい・・と言いつつ何もしてない。でも魚は釣りましたよ、こいつも早い流れが得意みたいですね。

スピナー
スピナーです。
最近、スプーンの陰に隠れてますが、好きなルアーです。
左2つはおフランスのブレットン、真ん中はメップス、その隣は昔コータックが取り扱ってたパンサーマーチン、その隣はまたメップスですね。
ちなみに、今使う人がいないといわれるスピナー、意外とですよ。特にぶらっくやブルーギルは・・。
ついでですが・・。
未開封のスピナーを見つけました。
メップス ライトニン
メップス・ライトニンといいます。
アグリア・ロングの兄弟分みたいですね、特別何がどう?というわけではありませんが、このパッケージの裏は・・・

台紙裏
こんな説明が・・。
メップスはメリケン製だったんですね。


今日は「たまに出すならこんな道具」をテーマにしてみました(そんな題名じゃない)。

締まりのない終わり方ですね。
スポンサーサイト

コメント

[C469]

汽水域だといろんな魚が釣れるんですね。
そりゃ道具選び困りますね。(笑)

私は管釣り用にレスタのニンバスを使っています。
ペニョペニョですけど最後はボロンが効くので50cmクラスのレインボーにも主導権は握られません。
個人的に非常に良いロッドです。d(^-^)

スプーンもスピナーも無知なので参考になります。
コーホにこんな小さいのがあったんですね?!
知りませんでした。σ^_^;

ご存知のとおりスピナーはマイブームです。
クラシカルなルアーなのでとてもカッコよく感じます。
道具も揃っているので今年は川に入りたいと思っています。(。-_-。)
  • 2016-03-22 17:52
  • エージェントi
  • URL
  • 編集

[C472]

エージェントiさん。

ありがとうございます。

ボロンは主にバットの強化材としてまかれていることが多いので、ここ一番はこの力が底力なんでしょうね。
ニンバス・・レスターの説明読む分には、いい竿じゃないですか。実物は手に取ったことないですが・・。

僕もあまりスプーン・スピナーは詳しくありませんよ、ただ、好きなものは少しでも覚えてはいます。
コーホは5年前に偶然中古で見つけました、メッキがぼろかったので磨いてあそこまできれいにしましたがそれだけでは寂しいので、オリジナルのカラーよろしく穴あきの隅部分にケイムラ塗料を一筆塗ってあります。
スピナーはシンプルでルアーらしさを教えてくれますね。
渓流チャレンジ期待しています。



  • 2016-03-22 21:38
  • つぅ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pencildirt560204.blog.fc2.com/tb.php/277-414a3789
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

つぅ

Author:つぅ
FC2ブログへようこそ!

数勘定

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。