Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pencildirt560204.blog.fc2.com/tb.php/3-93a6396d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ちょっとだけよ・・・

午前中は色々やることがありましたので、午後にちょっとだけ池に行ってぶらっく釣りの真似事をしてきました。
この時期でも「持ってる人」はぶらっくが釣れる様ですので、自分はどうなのか?、って感じです。
聞くところによると、アンダーショット・リグと言う仕掛けで釣れた話が多かったので、自分も真似してみました。
ダウンショットリグ、ってやつ(10g)
錘(ショットウェイトって言えや~、って言われそう)はバレーヒルのタングステンシンカー、針(フックって言えや~、って言われそう)はFINAのフィネスガードって言うナイロンガード付の3番。エサ(ワームって言えや~・・)はスミスの・・何だっけ?なんちゃらクローラー(名前ぐらい覚えとけや~って絶対思われた・・)のパンプキン?
毛むくじゃらのエサなんで、アピール高いかな?、って思いまして・・。
まぁ、この辺までは最近のぶらっく事情に則って作りましたが・・・使ってる道具を紹介しときましょう。
ぶらっく釣り25年以上の方々、おまたせしました!・・・待ってないですね。
まず糸(ラインだって・・)!10lbなんですが、MAXIMAのスーパーソフト、もの凄くしなやかですが強いナイロンです。元々トップウォーター用に使ってたんですけど、しなやかすぎるのが仇となってナイターでは使いにくかったので、こちらに移行しました。
次に竿(ロッドって言えねーの?)、スミスのスーパーストライク・バトラックス・ウォーカーBAW60MLと言う、当時の陸ッパリ御用達の2本継竿です。スーパーストライクがチャングリから次の世代に移行した時のバトラックスとテラミスて言う、どちらかと言えばトーナメント指向の竿がありましたが、それらの末裔です。今でこそこんな仕様の竿、海外で作って国内販売すれば5千円程度かも知れませんが、当時は2万越えだったのですよ、今の若い衆なら目ん玉飛び出ますね(笑)。
リール(やっと横文字に替えたか)は1985年製、ABUアンバサダーXLT-FL。マグネットブレーキとフリーレベルワインダーって言うラインキャリッジ部とワームギア基礎部がクラッチ切ると分離してキャスト時のライン抵抗を軽減すると言うユニークなギミックを搭載してます。最近メインギアとピニオンギアをまめったくお掃除してグリス(IOSのギアグリス)塗布してあげたら、めっちゃ快調になりまして、これが嬉しくてこんなぶらっく釣りの真似事してるようなもんですけど。若い衆に一つ「豆知識」的な事を教えますと、ウルトラキャストデザインスプールシステムの先祖は1981年登場の初代ウルトラマグなんですよ。

さてさて、与太話はこれぐらいにしてやってみましょうか。
こう投げて・・
投げて、沈ませて・・・
こう揺すって・・・
糸をつんつんと、小刻みに煽ってあげます。

これを延1時間半程繰り返し・・・・・・・・・・・

やっぱり「玉砕っ!」

自分は「持ってない」人みたいですよ・・・・・・・。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pencildirt560204.blog.fc2.com/tb.php/3-93a6396d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

つぅ

Author:つぅ
FC2ブログへようこそ!

数勘定

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。