Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C655]

私自身こういったケミカルをレギュラーで使ったことはないです。
もともと海もやらないので
釣りに行って帰ってきたらそのまんまが多いです。σ^_^;
あまりにドロドロ過ぎると風呂で軽く洗ったりはしますが…。

売りに行く時に使うのは有りだと思いました。
査定も上がるし
次のオーナーに機嫌よく使ってもらえるならなお良いですね。d(^-^)
  • 2016-11-09 17:45
  • エージェントi
  • URL
  • 編集

[C657]

エージェントiさん。
ありがとうございます。

そうですね、道具の整備や扱い方は人それそれでいいと思います。僕はリールに関してはシーズンになると注油はしても清掃はしません、年末メンテの時にしますので。
ただ竿、特にガイドリングは汚れると飛距離が落ちるので、2釣行に1回程度清掃しますが、釣行前にワックス系のケミカルを施してあるか否かで、汚れの落ちがずいぶん変わってきますので、竿に関してはシーズン中でもちょこちょこ清掃しますよ。
これは海でもぶらっくでもウグイでもナマズでも変わりません。
ちなみに昔面白い話を聞いたことがあって、実際の実験ではないものの、このワックス系のケミカルを施した竿と全く何もしていない竿を向かい風で振り比べると、ケミカルを施した竿の方が向かい風でも少し振りぬきやすい、というのを聞いたことがあります。おそらく風の抵抗がワックスで軽減されるため、と単純な答えだった気がします・・・僕の実体験ですか?すべての竿にケミカル施してますので慣れ切ってわかりません(笑)。

売りに行くときに使うのは本当にありです、何かあったら試してみてください。おそらく店側での清掃の必要がない=人件費を抑えれて多少なら還元可能、という図式が有力ですが、確認したわけではありません。
  • 2016-11-09 20:28
  • つぅ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pencildirt560204.blog.fc2.com/tb.php/331-4f0544c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

一番は存在しない・・・の巻

どもです。

今日は少し気が楽です・・・いつもこのくらいリラックスしてたいです。

さて、今日も道具話です・・が、今回は道具というかケミカル剤ですね。

14786041360.jpeg
Inx label(インクス・レーベル)のタックル・エリクサーというケミカル剤です。
海のウルトラライト・ルアーゲームをされる方、特にメバル釣りをされる方はご存知の方も多いかもしれませんが、ブリーデンのアドバイザーで活躍されてる加来 匠さん通称゛レオン"さんのブランド「インクスレーベル」の開発したものです。

今までもメジャーな釣り具メーカーがこぞって撥水効果のある洗浄剤とかコーティング剤とか発売されてましたが、個人的には正直どれも今2歩くらいの性能でした。この程度で金なんか取っちゃいかん!、というくらいです。
普通に使えて、ラインコートならタレントの哀川 翔さんプロデュースのSHOW No.1ラインコートが良いくらい。そしてタックルメンテには何といってもプレクサスが一番でしたから、これらを愛用してました。
しかし、自分の中では一番でも、パーセントで行けば65%の満足度でしかありません。
SHOW No.1ラインコートは滑りも撥水もよく、自然に優しい材料で作られていますので環境性能もよく、しかも手についてべたついて滑りやすい、フッ素コート系の悪いところが皆無なのが良いのですが、撥水がいい割には浮力にはあまり期待できず、しかも持ちが悪い(1日持ちません)。
プレクサスは基本カー用品ですが、さすがアメリカ空軍の御用達、戦闘機のキャノピー(操縦席の窓)コートにはこれが使われるほど撥水効果は抜群、竿に塗って拭き取れば夜露でさえはじくのを見れることがあります。
艶出し効果も抜群で、現にいらない竿やリールを売却するときにこれで清掃して持っていくとちょっと査定が上がったりします(マジ)。それくらい撥水・艶出し・洗浄効果も抜群ですので正直これこそ本当の1番ケミカルだ!、と思っていましたが・・。
これにも欠点があるのです。
まず、2ピース以上のマルチピースの竿に塗って、絶対に継ぎ差ししなけれぱその効果を如何なく発揮しますが、これを継ぎ差しする場合、滑って抜き難くなる場合があります。で、それでも何とか抜くことはできますが、握った表面のコートの効果は半減してしまいます。なおかつ、手に付きますからちょっとべたつき感を覚えることも。
そして僕的に最大の欠点だと言わざるを得ないことが、釣りの時、水に浸かる物に塗ってしまうと魚が釣れなくなるんです。
水に浸かるものはもうお解りですね、ラインとルアーです。
たまたまじゃないの?!といわれる方もいらっしゃると思いますけど、僕の場合、これをした時の魚の反応は100%ゼロでした。
これは僕的な考察ではプレクサスの成分の中での香料が悪いのではないか?と思っています。プレクサスは自分は臭いと思ったことはありませんが独特の香りがします。
半信半疑ではありますが、昔から「匂いは水中で瞬く間に広がる」と本で見たことがあって、この匂いに魚は敏感だ、とも。
よくよく考えてみれば、それを逆手にとって「集魚剤」というものもあるのですから、「散魚剤」も存在するでしょう、その「散魚剤」の一つにプレクサスが上がってるんではないか?、と疑ってます。
折角性能が良いのに、一番試したいところに塗布ができないのは最大の欠点だと思ってます。
ですから、竿とリールの撥水・艶出しに限定して使ってましたが・・・。

今回手に入れたタックルエリクサー。
プレクサスとは全く違う材質でできていますが、うたい文句は
濡れてはいけない素材以外プラスティック、金属、木工品などほとんどの素材に使用可能なんだそうです。
まず、効果。撥水・艶出し・防汚・防錆・洗浄・滑り。そして樹脂に対するリカバリー効果があるそうです。
これを実際にルアー(ハトリーズ・スウィング・ボーイ。変なことして表面コートが艶消し状態に・・。)に試しました。一番期待したのは艶出しとリカバリー効果。
しかし、思ったほどの効果は表れませんでした、しいて言えばちょっと光沢が復活したかな?くらい。ちなみに5,6回塗ってます。
ちなみにこのルアーにも塗布してみました。
14786044820.jpeg
最近買った女の悪魔。
この時代のハトリーズは表面のコートがよろしくないらしいので予防を兼ねた塗布ですが、こちらも3回ほどびしゃぴしゃに吹いてしばらく放置してふき取りの繰り返しをして、艶出しの効果はあまりよくわからない状態でした。ただ、変な香りもなく、自然にも配慮された製品ですから、水に浸かるものに塗布できるのは嬉しいですね。
ルアーではあまり効果がわからない状態でしたが、これが竿になると変わりました。
HS64Lに試しに塗布してみましたが、なんとこれが好感触。最初に申した性能がいかんなく発揮された状態を見てしまいました、プレクサスとはまた違うんですよ。
臭いがなく、べたつかなくてつるつるになるんです。しかも持ちも良い。
これは竿に塗布する分には明らかにプレクサスより性能が上です。

ただ、やっぱりすべてにおいて一番か?と言われればそうは思いませんけど。昔の樹脂リールの一部で試したところ、黒い樹脂が微妙にかすんで薄い擦り傷ができました・・・まぁこれは僕のやり方が悪かったのかもしれませんが、これに昔ながらのアブのリールオイル塗布をしてみたところ、傷?は見事に消えましたからいくらタックルエリクサーといえども、ちょっと相性の悪い素材もあるかもしれませんね。
ちなみに、レボのIB6にも塗布したところ、やっぱり微妙に霞んだり・・艶は出ましたしひどくはないので良しとしてますが・・・。
14786041560.jpeg
これがタックルエリクサーの内容です。
興味がある方は入手してみてください。
お値段、塗布用スポンジ付きで2484円です。お高いですし、結構厳しい評価をしましたけど、使って損はあまり感じないと思いますし、僕的に竿に限定するならば現存するケミカル材の中では一番だと思ってます。

今日は「ハルク・ホーガンは「イチバーン!」て言ってましたね」という題でお送りしました・・・プロレスは観ませんけどね。
・・そういえばキン肉マンに出てた完璧超人のネブチューンマンって元ネタはハルク・ホーガンですよね?




スポンサーサイト

コメント

[C655]

私自身こういったケミカルをレギュラーで使ったことはないです。
もともと海もやらないので
釣りに行って帰ってきたらそのまんまが多いです。σ^_^;
あまりにドロドロ過ぎると風呂で軽く洗ったりはしますが…。

売りに行く時に使うのは有りだと思いました。
査定も上がるし
次のオーナーに機嫌よく使ってもらえるならなお良いですね。d(^-^)
  • 2016-11-09 17:45
  • エージェントi
  • URL
  • 編集

[C657]

エージェントiさん。
ありがとうございます。

そうですね、道具の整備や扱い方は人それそれでいいと思います。僕はリールに関してはシーズンになると注油はしても清掃はしません、年末メンテの時にしますので。
ただ竿、特にガイドリングは汚れると飛距離が落ちるので、2釣行に1回程度清掃しますが、釣行前にワックス系のケミカルを施してあるか否かで、汚れの落ちがずいぶん変わってきますので、竿に関してはシーズン中でもちょこちょこ清掃しますよ。
これは海でもぶらっくでもウグイでもナマズでも変わりません。
ちなみに昔面白い話を聞いたことがあって、実際の実験ではないものの、このワックス系のケミカルを施した竿と全く何もしていない竿を向かい風で振り比べると、ケミカルを施した竿の方が向かい風でも少し振りぬきやすい、というのを聞いたことがあります。おそらく風の抵抗がワックスで軽減されるため、と単純な答えだった気がします・・・僕の実体験ですか?すべての竿にケミカル施してますので慣れ切ってわかりません(笑)。

売りに行くときに使うのは本当にありです、何かあったら試してみてください。おそらく店側での清掃の必要がない=人件費を抑えれて多少なら還元可能、という図式が有力ですが、確認したわけではありません。
  • 2016-11-09 20:28
  • つぅ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pencildirt560204.blog.fc2.com/tb.php/331-4f0544c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

つぅ

Author:つぅ
FC2ブログへようこそ!

数勘定

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。