Entries

寸止めなのかよぉ~っ

今日は午前中、小学校の奉仕作業でした、管理人です。

良いお天気になりましたので、午後釣りに行くことにしました。昨日の雨で大体の池はカフェオレかそれに近い濁りだろうと予測して、いつものハトリーズ軍団にメッキカラーを入れ替えし、3時過ぎまではアンダーでもやろうとアンダー道具も持ち出して前回言った池へ向かったのですが・・・同業者がいる事も予測していましたけど、まさかあんなにいるとは(車5台)・・諦めて家に一旦帰るとそれこそ3時を回ってましたから、原付に跨り、いつものトップの道具だけ持って地元のmkg池へ向かいました。
ここもご多分に漏れず濁り強いかも、なんて着いてみたら大して濁ってなくて拍子抜けしました、しかも同業者も奥に2人だけ。
午後4時から
そんなに濁ってない・・
いつもの様に支度をして遊び始めました。最近、釣りと言うよかルアー投げ遊びと化している僕の釣りですけど、本人が楽しいと思ってる分には良いんですよ。・・・・・・でもそろそろぶらっく欲しくなってきました。
そしてこの頃、僕の投げ方に変化が出ました。両手投げを多用する様になりました。両手投げ、って言ってもグリップエンドに左手の人差し指と中指を添えてるだけなんですけど、これが気持ちよくキャストできます。この頃、両手首が腱鞘炎気味と言うのもあるんですけど、昔の古傷なのか何なのかわかりませんが、右の中指と薬指が四六時中痺れてしまっていて、右投げ右操作のスピニングタックルでの釣りでは始終握りっぱなしで、その内右の掌全体が痺れてまともに釣りをやってられなくなっています。でもぶらっくは右投げ右巻きですから、そんなに影響はありません。でも、竿自体がセミダブル・ハンドルで、片手投げだと少し力んでしまって余計な力使って疲れる事を今更知ったわけです。で、冗談で軽い両手投げをしてみたところ、落としたい場所、もしくは近い位置まで遠距離・近距離問わず、しかも大して力も入れずに飛ばせて竿のぶれも殆どないのが面白くなっちゃって、今に至ります。これなら今の手の痺れの負荷も回避できます(てか、医者行け)。でも、少し前までは両手投げって難しいって思ってましたよ、年とったんですね。
しばらく遊んでましたけど、その内奥にいた2人がこちらに来たので、入れ替わりに僕が奥へ移動しました。
際を攻めてます

今の時期はまだ草も伸びていないので、打てる場所がありますから、適当なところから際攻めをしていたところ、何と40オーバーのぶらっくが浮いてきました、しかも2本も。
「良いぶらっくだけど、俺のルアーはいつも通り無視でしょ?」
ところがこのぶらっく達、こともあろうに僕の操作していたヘミーパンクに興味あるかのように、付いては離れる事を繰り返す。しかも影に隠れて岸際を操作していると、際から飛び出してスパンキーサムを見に来る。
「これってさ、いよいよ俺にもチャンス到来?!」
同じことの繰り返しでは飽きるのがわかっていますから、スパンキーサムからティラゾンにチェンジ。やっぱり見に来ます。さすがにここまでか、と別の際を攻めはじめたら丁度さざ波が当たってるのもあったのか、下からあと一歩でバイトっ!、と言うとこまですっ飛んできた、これまた40オーバーのぶらっくを確認しました。
「んがっ!あと一歩じゃないか、そこガボッでしょ」
それからとびはぜちゃん→インナーハンド・マグナム→スイング・グランパとチェンジし、ものの見事にすべてのプラグに飛んできたぶらっく。でも悲しいかな、寸前で急停止してしまう。そのたんびに、
「んがぁっ」「あっっっ!もう」「むきー」等の悔しい押し殺し声を発するあほな自分。
そしてルアーはペンシルポッパーであるトリトプスにチェンジ。するとさらに状況が悪化。何と首振りスライドを追ってきた!そしてしまいにはそれが一瞬のバイトとも取れる出方までしてUターン!一番反応の良かったトリトプス
もうだめです、久しぶりにあんな場面ライブで見てしまった以上、アドレナリンがダダ漏れ。体と心は落ち着いてますから変な焦りはないものの、頭だけパニック。おもしろいっ!
・・・しかし、結局ぶらっくの追いだけで進展しなくなり、自分もこんなぶらっく見てるのも飽きてきて、時間も見れば6時20分、晩御飯の時間です。で、風も止んで、ぶらっくも僕も両者飽きてしまってゲームセット。
今年一番の興奮をもらいましたけど、ぶらっくの出と「アレ(もちろんH)」の寸止めはやっぱり嫌だぁ~。
スポンサーサイト

コメント

[C34]

ぬはー、惜しかったですねー。
でもそういう状態のバスをバイトまで持って行くのって、本当に難しいですよね。
でも、だんだん近付いてますね、そろそろ釣果写真がみれそうな予感です。
  • 2013-05-16 01:34
  • シゲ
  • URL
  • 編集

[C35]

シゲさん、どうもです。
本当、やきもきしましたよ。正に「むはー!」でしたw
なんか、良いとこまではいくんですけどねぇ、進展しません。

でも、明るい時間の出来事ですから、かなり熱くなりましたよ、偏光グラスかけてやってましたから、濁ってた関係で遠くても、ぶらっくが寄ってくるのが丸見えでした。
次回はナイターで挑戦します。
でも、ペンシルは明るい時に出る瞬間を見たいもんです。
  • 2013-05-16 12:32
  • つぅ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pencildirt560204.blog.fc2.com/tb.php/36-0a036a51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

つぅ

Author:つぅ
FC2ブログへようこそ!

数勘定

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ