Entries

リールが去って、竿が来た・・・の巻

どもです。

今日は雨でしたね。そしてまた僕の土曜休みが今日と入れ替わりです・・・。

今日は道具の断捨離を行いました。
14878293200.jpeg
この2台です。
えー、もったいねー・・とか聞こえてきそうですが、断捨離しました。
左は76年型5600C、右も同じく76年型の5000D。2台のアンバサダーとお別れしました。
理由は、現在主力で使ってる機種と被っていることが1つ、そしてこの2台とも思い出は作りましたが、いつか使おうと考えていても結局は使わなかったり。おそらくこのまま使わなくなって引き出しの肥やしになる可能性が十分考えられましたので。
結構断捨離直前まで悩みましたけど、どのみち使わないのなら、使う新たな道具に化けさせてもよかろう、と決断しました。

で、この2台を元手にして・・・
14878293650.jpeg
ウインズさんに駆けこみます。
清水店長、いつもお世話になります。

店から出てきた僕の右手に携えたあの2台の化身・・。
14878293930.jpeg
竿に化けさせました(笑)

あれ?!もう竿は買わない、って言ったよね、ね?

ごめんなさい、3度目?4度目?の正直、今度こそ本当に最後です。これだけはどうしても頭の隅から離れなかったんです、気になって気になって・・。
でも、今回はその引き換えと言っちゃあなんですが、しっかりアンバサダーを2台も断捨離してますので、イーブン・・かな?
次にぶらっく用の竿を買うときは、おそらく趣向が変わるときですね。

改めてご紹介します。
14878294360.jpeg
スミス スーパーストライク イノベーション サーフェスプラッガー・エキスパートSS66SPXと言います。
この竿、僕が昨年トップウォーター・トラベラーを買ったときに同時にデビューしていた竿です。
この竿の前作が、SS66SPサーフェスプラッガーと言いまして、一昨年までカタログ掲載されていた息の長かったイノベーションシリーズの1機種だったんですが、どちらかと言えば、トップウォータープラグも操れるけど、本山バージョン系のハイアピールプラグにマッチングする、ミノードライブタイプの竿でした。ですがカーボンならではの細身のブランクの味付けは、大振りなペンシルベイトに使ってもそれほど変な動きを与えない物でしたので、これを使ってる方々の大半はほぼトップウォーターの釣りにお使いでした。
僕も一度使わせてもらったことがありますが、グラスの羽鳥さん系の竿に比べるとどうしても反発力が若干強いんですけど、ペンシルもまあ扱えるし、水車とかポッパーにはさらに良さそうな印象を受けました。でもリップ付きのシャローランナープラグも扱えそうな感じでしたので、表層から水面下30cmまでで一本でなんでもやりたい場合はこれかな?、と。
しかし、それが昨年、いきなりのリニューアル。というかスペック的に前作と大差はないものの、実際の製品はモデルチェンジと言ってもいい位になって、名前も新たにサーフェスプラッガー・エキスパートになりました。
スペック的は大差ないといいましたが、実は細かい部分で全く違います。
まずはブランク重量、前作比-12gになりました、トップウォータートラベラーと同じウェイトです。
次にブランク先端径がコンマ1ミリ太くなり、根元径が1.8ミリ細くなりました。
その結果、テーパーデザインが前作がモデレート・スローだったことに対してモデレートになり、パワーも前作がライトパワーだったのに対し今作ではミディアム・ライトにパワーアップ。
正直これだけだと、「単純にパワーアップしただけじゃん」と思われるかもしれませんが・・・・実は違うんです。
今回のエキスパート、前作はミノーなどを含めたサーフェスプラグの操作に重点を置いていたことに対して、トップウォータープラグ寄りに重点変更してきました。ですので、特にマグナムサイズのハトリーズペンシルにおいては柔らかい動きを出せるように特にティップからベリーにかけてのたわみを大きくとるようにチューニングされたそうです。
ん?このセッティングって割と近い竿が過去にあった気がする・・・と思ったら思い当りました。
ハトリーズスティックのHS64MLがセッティング的に近いのかな?と思いました。ただ感じとして近いだけであって、まるっと同じではないですけどね、竿自体の素材がそもそも違いますし、それぞれの目的だって違いますから、あくまで似てるだけです。

今回もブランクだけで買ってきました、いくら断捨離して元手があったとは言っても、さすがにフルセットには遠かったですし・・・
14878294250.jpeg
グリップは家にありましたからね。

ウインズさんではスーパーストライクの竿を展示してますが、基本はグリップ未装着状態でブランクのみ立てかけてあるため、調子を簡単に感じるにしても、ブランクを持った状態で揺することしかできません。ですから、このSPXもその程度で揺すって「ちょっと張りが強いかな?」としか感じることができませんでした。

しかし、これが驚きに変わるのは、
14878294510.jpeg
この状態になってから。

一応、デフォ状態同様にセミダブル・グリップ仕様にして、載せたリールは77年型アンバサダー5500C。
ブランクの重量はトップウォーター・トラベラーと同じです。ちなみにトップウォーター・トラベラーを全く同じ状態にしてセッティングすると、シングルグリップ装着状態(デフォルト)でもややリアヘビーな重量バランスに拍車がかかって、持っただけででも竿先が上に上がるようなリアヘビーになってしまいます。
ところが、このSPXはブランク長の差もあるんでしょう、全体的に軽いのは当然ですが、この状態で「バランスが良い」のです。
長いくせに取り回しが楽、という相反することをやってのけた竿に感じました。
そして肝心の竿の感覚ですが、思った以上にしなる竿でした。確かにカーボン特有の反発力があるのですが、ティップからベリーまでのしなりが割と大きくて、強さ的には僕の所有するSS63THMによく似た感じです。確かにハトリーズのペンシルベイトを意識した竿になっています。
よかった、これは買って正解でした。14gくらいまでのスペシャルにも納得する動きが出せるかはわかりませんが、これはインナーハンドマグナムやスイング・グランパならちょうどいい感じの竿です。
次回、この竿テストに持ち出します。

今日は「お休み、東名事故渋滞」という題でお送りしました・・・静岡に行くのに東名高速を使ったんですが、トンネル手前とトンネル出たところで衝突事故があって抜けるのに40分掛かりました。変に強い雨風でいつもは雨天でも爆走する僕もかなりの危険を感じましたが、やはりこういうときは事故も起きやすいんですね、安全運転で参りましょう。

スポンサーサイト

コメント

[C772]

良さそうなロッドですね!
私もトップ向きなら使ってみたいです。

私自身NEWスミス?!の
マグネシウムグリップだけは1本買いましたが
イノベーションシリーズを使ったことがないです。
昔のシリーズより軽くて使い易そうですね。
またレポート楽しみにしています。(^ν^)
  • 2017-02-27 09:50
  • エージェントi
  • URL
  • 編集

[C774]

エージェントiさん。

ありがとうございます。

今回のニューカマー、サーフェスプラッガー・エキスパート、僕的には恐ろしいほどの良い竿でした。
正直トップもできて、フローティングミノーもこなせる竿です。変な話、トラウト・プラッギングにも全然使えてしまうんじゃないか、と。
スーパーストライクの竿もイノベーションと昔ながらのシリーズの復刻版の揃ったクラシックと2シリーズの展開になってますが、特にクラシックシリーズは現在使っても全く古さを感じさせない竿に仕上がっていますので、もし機会があればお手に取って見られるのも一興か、と思いますよ。
マグネシウムグリップは中のデルリンコネクターをチャンピオンフェルール用に交換すれば、チャンピオンタイプフェルールの竿で使うことができますので、竿は買わずともほかの竿で使い心地を確認されるのもよろしいと思いますよ。

  • 2017-02-27 21:50
  • つぅ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pencildirt560204.blog.fc2.com/tb.php/383-d0987cb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

つぅ

Author:つぅ
FC2ブログへようこそ!

数勘定

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ