Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C824]

法に抵触しないことまで言い出したらキリがないと思うのですが…。
サンマ師匠は
「生きてるだけでめっけもん」
と言ってられますが
世の中生きてるだけで危険だらけです。
個人個人が他人に迷惑を掛けないように責任を持って行動するのが基本だと思うのですが…。
あと…子供の監督は親の責任!
他人のせいにしない。(´-ω-`)
  • 2017-06-30 08:00
  • エージェントi
  • URL
  • 編集

[C825] Re: タイトルなし

エージェントiさん。

ありがとうございます。

そうですね。でも結局インターネットで配信すると色々なとこで意見を申してくる方もいらっしゃるのは事実です。
今回の事は自分なりに反省もできたし、勉強にもなりました。
エージェントiさんがおっしゃる通り個人個人が・・・というのも僕は賛同します。ただ、僕らのような人間とそうでない人間がいるのは確かですので世の中は難しいのだと感じます。
子供の監督自体も本来はおっしゃる通り親の責任です。ただ、「私悪く無い」を振りかざす、気の違う親もいらっしゃるのでそういった方々からの自己防衛も必要になるのかな?、と。
ほんと、世の中危ないし難しいですね。
  • 2017-06-30 16:36
  • つぅ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pencildirt560204.blog.fc2.com/tb.php/403-1a51216c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

夜釣りは推奨しませY・・・・・の巻

大変ご無沙汰しておりました。

前回の更新から異常に忙しく、休日はありましたけどPCを開く時間を裂けず・・。今はスマホでも更新は出来ますが、広告が邪魔してうまく打つことができなくて更新できず、そのまま今年2度目の地獄に突入してしまいました。
今日は雨でお休みになりましたので久々の更新をしようとPCを開けた次第です。
この間に大きく僕の心を揺さぶることがありましたので、それを今回ネタにしようがと思いました。
面白いというか、ちょいとヘビーな内容かもしれません。

僕はブログ以外でSNSに参加していますが、そちらに釣果の報告を載せることもしばしばあります。
ところが、ある方のコメントに、なんと・・・
夜釣りは法律違反ですよ!
と書き込みをされました。

この書き込みを見たときはひどくショックを受けましたが、「そんなバカな」という思いでネット検索をかけて自分のしていることが法に触れていることなのか、調べました。
結果。
全く法律に触れていません、僕の住む県では。そしてお国の水産庁の回答も「全国的には禁止していない」とのこと。
ただし、補足があって「他の都道府県では自治体が禁止をしている場合があるので、その場合は各自治体の指示に従うこと」とのことでした。
ちなみにこれは海ではありません、内陸の「内水面」のお話、要するに河川・湖沼の夜釣りに関するお話なんです。
僕の場合はぶらっくと鯰がこれに該当します。
内水面でも琵琶湖、霞ケ浦、風連湖、温根沼、厚岸湖、サロマ湖、北浦及び外浪逆浦、加茂湖、浜名湖、中海の数か所の範囲の広い湖沼では漁業の実態から海扱いを受けて夜釣りがそのまままかり通るところもあります。
ただ、やはり先ほども書いたように夜釣りは僕の県では問題なくてもよそへ行ったらダメでした、というパターンもありますし当然知っていました。そして何より20年以上もぶらっくのナイターをやってきました。
なので、いきなり頭ごなしに法律違反、という言葉を振りかざされてしまったのでショックだったんですよ。
ですが、ここは僕もこの方に丁寧にお言葉をかえし、一応納得をしていただいたのですが、さらにショックを受けたのは、
「小さいお子さんが真似をする危険性を危惧しています」という言葉でした。
これは僕はぬかった!、と思いました。考えてみたら、ネット上に掲載するということは不特定多数の方が閲覧しているんですよね。
大人たちだけではありません、お子さんだって見てるんです。そのお子さんが釣りに多大な興味があって夜釣りやりたくなって事故を起こした場合、その自治体が重く見る→現在問題のなかった自治体に飛び火する→禁止になる可能性が高くなる、といった自分の首絞めにもなりかねないことになるんですね。
しかし、ネット上では夜釣りの件を個人的に掲載することは禁止されてはいません。ただ、上記のような可能性がないとも限りませんので、これからナイターの事を書くときは必ず、注意書きを同時に掲載するようにしていくことに決めました。

と、SNSの方にも書いたのですが、この一軒が飛び火し、決して僕を否定しているわけではないが、やはり夜釣りを推奨しているわけではないので控えていただくようお願いします、と管理人の方から直接お話もいただき、なおかつ3人目の方にも早朝の暗かった画像を載せたらコメントで「紛らわしいからやめていただきたい」とお叱りを受けましたので、SNSの方にはナイターは今後一切掲載をやめ、そして過去の投稿もほとんど消去してきたとこです。

釣りでもグレーゾーンというものは存在しますが、ぶらっくの夜釣りはまさしくグレーゾーンそのものだったんですね。
というか、今回の事で僕のやってるナイター自体快く思ってなかった方がたくさんいらっしゃったことも分かったのも3重のショックでしたけど、仕方がありません。

でも、禁止にもなっていないし法にも触れていない、20年やってきたぶらっくのナイターを今更やめようとは思わない。
大体、なぜ僕がナイターを始めたのかというのも、結局はバスブーム時代の身勝手なブーマーな連中が明るい時間に釣り以外の人に迷惑をかけてきたから、他人にとっては害魚と害人の何物でもない。そんな奴らと一線を引くためだ。好きなぶらっく釣りをこのころから大手に振って他人に話すのもやめた。ただ、好きな釣りをこんなくだらない理由でやめるのも悔しい。ならば他人に迷惑をかけない時間にやったらどうだろうか?
こんな理由で20年、無事故でナイターを続けられてきました。やればやるほど危険な個所もわかってきたし、知恵もついた。
ブームが去って人もまばらになり始めた最近になってまたデイゲームもするようになりましたが、限られた時間もあることからも主としてナイターを選択しています。
それに最近呼応したのが、嫁さんの兄さんであるMさん。なのでMさんもナイターの最低限度のご法度もわきまえてはいます。
そして、やはり同じようにSNSに投稿、消去する羽目になってしまいましたが、Mさんも気持ちは変わってません。

僕(ら)の気持ちも解れ!、とは言いませんが、グレーならグレーなりの楽しみ方を一から模索するつもりで行こうと思っています。

SNSでは載せませんけど、ここではこれからも掲載していくつもりです。

ただし、
僕は夜釣りはするけど推奨はしないよ!

今度は夜釣りのご法度特集でもやってみましょうかね、夜だからと言っても他人に迷惑が掛からないわけではないし。

14986491050.jpeg
地獄前の一番最近のぶらっくです、33cm、グーフィージョーで。


注意
:内水面の夜釣りは各都道府県の自治体により制限、もしくは禁止されている場合がありますので確認してください。
夜釣りは周囲が闇になり視界が非常に悪く、危険がつきものです、経験の浅い方は必ず2人以上で行動する等、特に小さいお子さんは必ず大人の方に同行してもらうようにしてください。
当方、夜釣り推奨をしていませんので釣行時の事件・事故やケガの責任は一切負いかねます。
スポンサーサイト

コメント

[C824]

法に抵触しないことまで言い出したらキリがないと思うのですが…。
サンマ師匠は
「生きてるだけでめっけもん」
と言ってられますが
世の中生きてるだけで危険だらけです。
個人個人が他人に迷惑を掛けないように責任を持って行動するのが基本だと思うのですが…。
あと…子供の監督は親の責任!
他人のせいにしない。(´-ω-`)
  • 2017-06-30 08:00
  • エージェントi
  • URL
  • 編集

[C825] Re: タイトルなし

エージェントiさん。

ありがとうございます。

そうですね。でも結局インターネットで配信すると色々なとこで意見を申してくる方もいらっしゃるのは事実です。
今回の事は自分なりに反省もできたし、勉強にもなりました。
エージェントiさんがおっしゃる通り個人個人が・・・というのも僕は賛同します。ただ、僕らのような人間とそうでない人間がいるのは確かですので世の中は難しいのだと感じます。
子供の監督自体も本来はおっしゃる通り親の責任です。ただ、「私悪く無い」を振りかざす、気の違う親もいらっしゃるのでそういった方々からの自己防衛も必要になるのかな?、と。
ほんと、世の中危ないし難しいですね。
  • 2017-06-30 16:36
  • つぅ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pencildirt560204.blog.fc2.com/tb.php/403-1a51216c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

つぅ

Author:つぅ
FC2ブログへようこそ!

数勘定

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。