Entries

羽鳥静雄、フルコンプ

農作業のお手伝いで、あちこち痛い管理人です。この時期は疲れるのもありますけど、痛い方が際立ちます。
・・・まぁ、本人自体も痛い人間かもしれませんが。

そんなことはさておき、最近ポチった物が届きました。
羽鳥静雄 サーフェイスゲーム 夏のときめき
羽鳥静夫 サーフェイスゲーム夏のときめき DVD!
もう視聴しました。今回は玉ちゃんことスミスの玉越専務との5年ぶりの新作。…と言ってもこのDVDは2008年ですから、僕が手にするのが遅すぎただけですけど。
僕はVHSの時の羽鳥さんの作品を3本とスミスのスーパーストライク・バッシングの再販版を持ってますがスーパーストライク・バッシングはともかく、羽鳥静夫サーフェイスゲームシリーズは釣りビデオと言うよりもヒーリング・ビデオ的な感じがする不思議なビデオで、観ていると妙に眠気を覚えてしまうんですよ。有名プロの釣りビデオはアグレッシブな感じが結構するのですけど、羽鳥さんのビデオは全くそんなことなく、穏やかなんですよね。
もちろん、テクニックやハトリーズプラグや道具、そしてぶらっくもしっかり見せてくれますが、とにかく、リラックスする不思議なビデオです。
当然、今回の夏のときめき、視聴したのですが、半分寝てました(笑)。気が付いたら、
「玉ちゃん、帰ろ?」って羽鳥さんが玉越さんに言ってる、ラストシーンでした。だから、完全に観てないんですよ。
でも、このDVDはインナーハンドWBマニアにはたまらない回だったでしょうね、前半はインナーハンド祭りでしたから。ヒットシーンはもちろんですが、羽鳥さんは過去何作もインナーハンドを作って、気が付けば十数種類ものボディを作ってたそうですから。そして、2008年のスペシャルでインナーハンドのファイナル・エディションがあります。僕もかろうじて入手し、昨年50.5cmのぶらっくを獲ってお蔵入りにしてますけど、羽鳥さん曰く、このファイナル・エディションは羽鳥さんのへそ曲がりから生まれたインナーハンド、つまり動かしやすさが定番のインナーハンドがつまらなくて、だったら少し動かしにくいのを作ってみよう、と生まれたものだったそうです。これは僕も納得しました、ブラのインナーハンドと比べるのもおかしいですけど、動かしにくいインナーハンドだなぁ、と思いましたもん。だから、量産ウッドタイプのインナーハンドWBファイナル・エディション・マグナムはミディアムライトパワーのスーパーストライク・イノベーションSS63THMがベストマッチ、と言うわけでした。実際、これも経験済みで、少しデカいくせに本当に軽やかに泳ぎますよ。
おまけのインナーハンド・マグナム
今回のDVDにはおまけが付いてました。インナーハンド・マグナムの特別色です。まぁ、これ欲しさと言うのもありますが、僕が持ってない羽鳥さんのDVDは夏のときめきが最後だったので、いい機会だから、と。

これで、僕の羽鳥さんDVDは全巻揃いました、結局VHS版もあるのにDVDで買い直しましたからね。
ただ、残念なのは、羽鳥静夫サーフェイスゲームの持つクォリティはこの「夏のときめき」までなんです。この後の新作で、羽鳥静夫と仲間たち、と言うDVDがあるのですけど、このクォリティを期待するともの凄くがっかりする画質なんですよ。このブルーレイが普及しつつあるご時世で、何故DVDを介してダビングしたVHSの様な荒い画質で作ってしまうのか?わざとやったとしても僕はちょっと許せないですね。羽鳥さんも鳥居さんもあれじゃちょっとかわいそうかな?できれば、修正版で再販してほしい位です、ナレーターも新録して(蛇足ですが、羽鳥静夫サーフェイスゲームのナレーションは、奇跡体験!アンビリーバボーのナレーターの佐藤政道さんです。)。

僕の今年のハトリーズは一旦締めましたけど、オフはまたこれらのDVDを時々見て来年のぶらっく釣りのイメトレですね・・・・イメトレじゃなくてユメトレになる可能性大ですが。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pencildirt560204.blog.fc2.com/tb.php/64-cb094b2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

つぅ

Author:つぅ
FC2ブログへようこそ!

数勘定

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ