Entries

ウグイ・リベンジ

あー、ついにお休みが終わってしまいました・・・・管理人です。
仕事始めで汗だくになって帰ってきて夜です・・・やれやれ。

さてさて、ちょっとリベンジネタが続いてます(笑)。昨日のお話ですけど、今回のリベンジは「ウグイ」です。

またも、朝早く起きて、子供たちを見送った後、道具を積んでKtm川に出発です。
リベンジ、と言ってもKtm川のウグイには何の復讐心もありません、ちょっと確認したいことがあって、朝からある一か所?のポイントだけに的を絞って釣りに行った訳です。
その結果・・・Ktm川のウグイ
この時期にしては見事なまでの大きさのウグイ(40オーバー)を2本獲りました!!

これで、確信が持てましたね、この時期の釣るための要素。
その1:鳥が泳いでたり立ってたりする場所では絶対釣れないので、その場は避ける。
その2:偏光グラス越しで底が見える位の場所(瀬ではない)で、なおかつ極端に緩いカーブの川である事。そして、その浅い場所の前後が深くなってたりする底の変化のある場所。
その3:ボラが泳いでる事。

これは、全ての川には当てはまらないでしょうけど、少なくともKtm川はこうでした。その3つが完全に当てはまったのが、僕が行った「ワンポイント」でした。その証拠に「ここ」以外は全く魚っ気「ゼロ」でした。
実は、年末の最後のウグイもこの「ワンポイント」でした。
確証が得られたのと、魚っ気が無くなったのを機に、いよいよ「リベンジ」に動きました。
「何をウグイごときに燃えてんの?」なんて言われそうですが、リベンジの理由があるんですよ。

5日の午後にウグイでもやりに行こうとしてた時に、お友達の「やまさん」からメールで「ウグイやるならちょっと行きますので、行くとき言ってください」と来ましたので、出る時にメールしてホームグランドのY川へ行って、やまさんが来るまで釣りをしてたんですが、この時期珍しい位のライズやボイルがあって、ルアーへの追いもチラホラ・・・なのに掛からないとはこれいかに?と試行錯誤してる時にやまさん登場。ダイワのファントムトラウトロッドに11'ツインパの組み合わせで、0.5号ラインを付けてやる気ありの状態でした。いやぁ、たまには誰かとウグイ釣りってのも良いなぁ、って思ったんですが、やまさんが到着する10分以上前から懸命にやってたにもかかわらず、ものの数投やっただけのやまさんのスプーンにウグイが掛かってる・・・・この時期サイズで後にも先にもこれ1本でしたけど、何か軽く・・・・ムカつきましたね、ウグイに。いや、間違ってもやまさんに、ではありませんよ。
で、寒さに耐えきれずに先に上がったやまさんを見送りつつも、暗くなるまで場所を変えたりしてやってたんですが、その日はとうとうなにも無し。次の日も夕方行ったりしましたが、今度は瞬殺アタック?で終わり。掛からないのですわ。
針だって研いだのに・・・。昨年まで遊んでた「僕だけの場所」は鳥だらけでお話になりません。
で、改めてリベンジ、と言う形を取った訳です。
で、まだ9時をまわったばかりだと言うのに、瞬間的にアタックするウグイはいても、やっぱり掛からない訳ですよ。
で、対岸に移動すると、こないだまで時間的に瀬が出てしまっていた場所が、今の時間は満潮もあったのか普通に川になってます。鳥もいないし、ウグイのジャンプも見られる。しかもここは昨年フッコに切られた場所。
もう、迷うことなくコータック5430A赤/金3gをブッ飛ばして巻いてくると、「ガンっ!」
Y川のウグイ
Ktm川のウグイよりは少し小さいですが、明らかにこの時期のこの川のサイズを大幅に上回ってました!
さらに同じサイズをもう一本追加して、よしよしまだいける!と意気込んだのに、突如降り出すだらしのない雨に辟易して帰途につきました。
ニジマスと違ってこちらはリベンジは達成です。何が違うのか?って? それはシーズン通してウグイ釣りした人間でないとわからない「価値観」と言う事にしておきましょう。似た様な意味で「真冬にぶらっくを釣った」気持ちに近いですね。
今は「ウグイ五目」ではなく、「ウグイ釣り」ですね、他の魚が釣れないんですから。
Y川のポイント
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pencildirt560204.blog.fc2.com/tb.php/74-963d5259
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

つぅ

Author:つぅ
FC2ブログへようこそ!

数勘定

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ