Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pencildirt560204.blog.fc2.com/tb.php/80-c3d34a0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

先週できなかったテストを・・

今日は暖かかったですね、管理人です。

今日は午後一で少しの間ですが、先週末にできなかったテストをやりにA池へ行ってきました。
今日は2本
お馴染みのシマノ・ファイティン・タックルとアンバサダー4500C。
まずは、どんなになったか試したく、4500Cからスタートです。

今日、4500Cと組ませた竿は、スーパーストライク イノベーションのタクト・オブ・ウィゾSS-TW64Lです。
元々、78年型5600Cと組ませていた竿ですけど、ナロースプールのアンバサダーと組ませてみて具合も知りたかったのですよ。
暖かかったので、フリースとカーゴパンツの組み合わせでもさほど寒いとは想いませんから、楽な恰好でスタートです、まずはブッシュベッカーで。
キャスコンの調整をしていざ一投目を振りかぶると、意外にノイジーな回転にがっかりしました。しかも予想よりも飛距離は短い。でも、ナローの4500Cを載せたためでしょうか、操作はしやすいです(あの手首を横に捻ってクイックイッ、てな操作)。だが、しかしっ!この竿ではブッシュベッカーはうまく動きません、て言うか糸ふけを煽るタイミングが悪いのでしょうけど、ショート・スライドで終わってしまいます。先々週のハトリーズ・スティックの様な少し長いスライドは出せませんでした。
ま、それはともかく、一番の問題は4500C。「うぃぃぃんっ」てノイズでもう少しキャスコン緩めないとダメかな?でも、緩めたところでノイズは多少治まるもの、飛距離は伸びず。
次に試したのはこの竿ではうまく動かせなかったW.WSOのPE52A。ついでなので自分の限界かな?、と思える位のキャスコンの緩ませ(大体、垂らしたルアーがクラッチ切ってそのまま落とすとストンと落ちて、すぐ修正可能なバックラッシュを引き起こす状態)、これでPE52Aを投げてみると・・・
楽に飛ばせました、と言うか先ほどのブッシュベッカーの時より飛びました。何回やってもちょっと伸びるか位でしたが、ノイズもかなり減少し、普通に5000番の感覚になりました。
「ありゃ?もしかしてキャスコン強かったのか??」
でもこれ以上は確実にバックラッシュするであろうぎりぎりの緩め方でしたから、これ以上緩める事はしなかったんですが、ブッシュベッカーよりもおおよそ7gは軽いであろうPE52Aがブッシュベッカーの飛距離より伸びてる事が、この事を現してるんじゃないかと。おまけに、やっぱりナローのアンバサダーになって手首の稼働が良くなったのか、以前のことが嘘のようにすいすい泳ぐPE52Aを見て、この竿は4500Cとかのナローアンバサダーの方が良いな、と改めて思った訳です、はい。
で、このキャスコン・セッティングのまま、スイング・ボーイを投げてみる事に。
すると、予想通り飛んでいきました! バック・スイングからのフォワード・キャストでスプールを放すタイミングの時に、何のためらいも閊えもなく、自然にスプールからラインが伸びていく感覚(うまく言えないんですけど・・)が、通常使ってる5000番の時の道具とほぼドンピシャな事で「これだっ!」って思えて・・・結果として4500Cのセッティングはほぼ良かったです。あとは遠心ブレーキのブロックを入れ替えたりしてどうかな?と今のセッティングは「中・中」の2個なんで、これは実釣しながらですね。最終的にコントローラブルになっていた4500Cでしばらく飛ばして遊びました。「普通に飛ばせる4500Cになりましたよ」

お次はファイティング・タックルです。
う~ん・・
前回のキャロライナ・リグのまま振ってみましたが、あまり飛びません。風もそんなになかったにもかかわらず。リグ全体のトータルで行けば10g前後なんですが・・ブラブラしてる仕掛けだからうまく飛ばないのか?、と思って、5gでしたが昨日買ったジャクソンのリアクション・ボムをくっつけて振ってみました。
「5gとは言っても全身重りの塊みたいなもんだから、多少は良いでしょう」

ところがぎっちょんっ!予想に反して自分の大股7歩未満の距離へ「ドボンっ!」 垂らしを長くとろうが、キャスコン&マグブレーキを調整しようが、まるでルアー投げの初心者の様な「ドボンっ!」。
・・・・・・・・・これは、買ったルアーの重さをしくじったな。さすがにここにきて、ピンピンの様で意外としなるファイティングロッドの1パワーがルアーの重さを拒絶したかのような裏の顔をみせた、としか言いようがない程の投げにくさに、即、10gのシンカーを付けたダウンショット・リグを組んでフルキャストしてみると、先ほどとは打って変わって「バビューンっっ!」てな感じのぶっ飛び方に軽く呆気にとられました(笑)。大体、ラインが1/3確実に出てますもん、30m越えは確定でしょ。
なるほど、この道具、と言うか竿はしっかり投げる時にしっかり曲げれるルアーでないととても飛ばせない、と言う事が改めてわかりましたよ。8g以上のソフトルアーよりもハードルアー向きの竿なのかもしれません。
一通り投げて遊び、1時間20分程度でしたが、撤収しました。
釣りに行っても釣リ自体が成立しない時期なんかは、こんなテスト遊びもいいですね。
テスト終了
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pencildirt560204.blog.fc2.com/tb.php/80-c3d34a0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

つぅ

Author:つぅ
FC2ブログへようこそ!

数勘定

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。