Entries

天上天下唯我独尊?!・・・・の巻

どもです。

昨日は久しぶりの日曜休みでしたので、木曜日に買ったニューカマーのSS66SPXをテストしに行きました。
14881928330.jpeg
5500Cも前の晩に整備済です。
5500Cは3年ぶりの実釣復帰となりますので、改めてギアやベアリングを洗浄・注油をしました。巻き心地や回転は文句ありませんでしたが・・・。

で、まず最初に使ったのはインナーハンド・マグナム。まずは重いルアーから始めたわけですが・・・・あれれ?
なんか飛ばないですね。
おかしいな、スプールの回転も滑らかだし・・・あ、コグウィールの回転が重いのかも・・・お、あれだ、ブレーキブロック、片方は「大」だからか。よし外しちゃえ。
ブロックの大と小の組み合わせをしていたので、おそらく大の方が悪さをしていたと思います。大体結構キャスコン緩々なのにバックラッシュしてませんもん。
なので、大だけ外してリトライすると、やはり伸びました。しかし、まだブレーキがかかってる気がする・・・今度コグウィールポストを研磨しましょう。
後はリールは問題なし。
で、肝心の竿ですが・・・。
14881928520.jpeg
すっごく取り回しがよろしい!
低弾性のカーボンロッドですから、カーボンの持つ張りは少々残っているものの、概ねプラグの運転は楽です。
ティップからベリーにかけてのたわみも大きいので、今どきのトップウォーター用グラスロッドと感覚的に同じに思えます。
ただ、どうしても「カーボンの張り」というか「復元力」が少々顔を覗かせますので、ラインを跳ね上げたときに感じるラインの重みを感じる前にブランクが「復元」しやすい傾向にありますので、これには慣れが必要かもしれませんが、正直これは凄い武器になりそうです。

14881928730.jpeg
動かしにくいタンゴアルゼンチーノがよく動く。
大きめのペンシルに良い、とスミスのカタログには説明がありました。ですが、このタンゴアルゼンチーノを含めいくつかハトリーズのスペシャルも使いましたけど、全然普通に運転できましたし、角の丸い引き波も立てれました。カーボンだから、という先入観は今どきは持たないほうがいいのかも。
そして、このバランスの良い軽さはさらなるメリットをもたらします。
リズムよく竿を煽ってラインを跳ね上げてルアーを運転するのですが、時としてどうしても運転リズムが崩れてしまう事がままあります。
今まで使っていた竿ですと、リズムが崩れた時にどうしても次の跳ね上げの動作まで竿の重みが手にかかっていますから、復帰に遅れが出てしまうのですが、このSPXですと取り回しがよろしいためにリズムが崩れたときのリカバリーまで容易に修正できてしまうのです。要は竿を振るリズムが狂っても、すぐ振りなおせば運転への修正を効かせ易い、といったとこでしょうか。

14881928880.jpeg
一通り運転して納得しましたから、ここで魔女子を・・・。
魔女子はトップウォーター・トラベラーで運転していこう、と決めてましたが、同じカーボンロッドとしてSPXでも試してみたくなりました。
結果は・・・
14881929010.jpeg
まぁ、やはりというかSPXをもってしてもややデレ度が上がった程度でした。
なんか魔女子さんから何か聞こえてきそうです・・・。
「手綱を変えたからって、簡単になびくなんて思わないことね💛」
でも、トラベラーと比較しても、SPXで魔女子さんを運転した方が正直良かったです。
最後に・・
14881929320.jpeg
大好きなスイングボーイをSPXで運転してみました。
ハトリーズスティックやトラベラーと運転してるのと変わらない動きが出せました・・・・
SS66SPX、恐ろしい竿です。中毒になりかねません(笑)
というか、完全にお気に入りの仲間入りになりました。
ただ、デメリットは・・・この竿ばかり使ってたら、他の竿が今までのように使えなくなる恐れが出てくる点ですか。
14881929170.jpeg
ここには出ていませんが、スティッキー1もテストの一つとして使いました。
前作のSS66SPはミノードライブ要素が多分に含まれた竿でしたが、今回のSPXはトップウォータープラグ寄りのセッティングをされています。しかし、トップウォータープラグ寄りとは言ってももちろんミノードライブ要素がなくなったわけではありません。
なので、試しにスティッキー1を使ってみたのですが・・
やっぱりミノーにも使えました。
トップウォーターロッドでもミノーは使えますが、ダイブさせたときの竿の復元がどうしても遅れる傾向にあるのに対してSPXは、ダイブに対して竿がスッと追従するのですが、ブランクの復元が早いために次のアクションへ移しやすい。
ペンシルもある程度柔らかい波紋が出せて、ミノーまで操れるなんて・・サーフェスレンジ最強の竿じゃないのかな・・。
現存している竿で何が一番近いかな・・・正直この竿は・・スーパーストライクならSC1+GO103+αって感じに思える程、似た竿が存在しないように感じました。

これ、スミスの隠れた名竿かもですね、玉越さんのこだわりが詰まっています(ご本人にお話聞きました)。

とりあえず、今年の活躍に期待したいですね。

今日は「トップの竿もカーボンに移行か」という題でお送りしました・・・トップ用と言えばグラスロッドが定番でしたが、新しく開発・製造しようとすると昔の様なグラスの調子にはならないそうです。材質の進歩で復元力の速いカーボンのようなグラスなんて当たり前らしいです。逆にカーボン素材はどうしても復元力は昔のグラスに比べてもやや早いものの、柔らかいとか強いとかのチューニングがしやすくなってるそうです・・トラベラーのように「超低弾性カーボン」ってあるくらいですからね。

リールが去って、竿が来た・・・の巻

どもです。

今日は雨でしたね。そしてまた僕の土曜休みが今日と入れ替わりです・・・。

今日は道具の断捨離を行いました。
14878293200.jpeg
この2台です。
えー、もったいねー・・とか聞こえてきそうですが、断捨離しました。
左は76年型5600C、右も同じく76年型の5000D。2台のアンバサダーとお別れしました。
理由は、現在主力で使ってる機種と被っていることが1つ、そしてこの2台とも思い出は作りましたが、いつか使おうと考えていても結局は使わなかったり。おそらくこのまま使わなくなって引き出しの肥やしになる可能性が十分考えられましたので。
結構断捨離直前まで悩みましたけど、どのみち使わないのなら、使う新たな道具に化けさせてもよかろう、と決断しました。

で、この2台を元手にして・・・
14878293650.jpeg
ウインズさんに駆けこみます。
清水店長、いつもお世話になります。

店から出てきた僕の右手に携えたあの2台の化身・・。
14878293930.jpeg
竿に化けさせました(笑)

あれ?!もう竿は買わない、って言ったよね、ね?

ごめんなさい、3度目?4度目?の正直、今度こそ本当に最後です。これだけはどうしても頭の隅から離れなかったんです、気になって気になって・・。
でも、今回はその引き換えと言っちゃあなんですが、しっかりアンバサダーを2台も断捨離してますので、イーブン・・かな?
次にぶらっく用の竿を買うときは、おそらく趣向が変わるときですね。

改めてご紹介します。
14878294360.jpeg
スミス スーパーストライク イノベーション サーフェスプラッガー・エキスパートSS66SPXと言います。
この竿、僕が昨年トップウォーター・トラベラーを買ったときに同時にデビューしていた竿です。
この竿の前作が、SS66SPサーフェスプラッガーと言いまして、一昨年までカタログ掲載されていた息の長かったイノベーションシリーズの1機種だったんですが、どちらかと言えば、トップウォータープラグも操れるけど、本山バージョン系のハイアピールプラグにマッチングする、ミノードライブタイプの竿でした。ですがカーボンならではの細身のブランクの味付けは、大振りなペンシルベイトに使ってもそれほど変な動きを与えない物でしたので、これを使ってる方々の大半はほぼトップウォーターの釣りにお使いでした。
僕も一度使わせてもらったことがありますが、グラスの羽鳥さん系の竿に比べるとどうしても反発力が若干強いんですけど、ペンシルもまあ扱えるし、水車とかポッパーにはさらに良さそうな印象を受けました。でもリップ付きのシャローランナープラグも扱えそうな感じでしたので、表層から水面下30cmまでで一本でなんでもやりたい場合はこれかな?、と。
しかし、それが昨年、いきなりのリニューアル。というかスペック的に前作と大差はないものの、実際の製品はモデルチェンジと言ってもいい位になって、名前も新たにサーフェスプラッガー・エキスパートになりました。
スペック的は大差ないといいましたが、実は細かい部分で全く違います。
まずはブランク重量、前作比-12gになりました、トップウォータートラベラーと同じウェイトです。
次にブランク先端径がコンマ1ミリ太くなり、根元径が1.8ミリ細くなりました。
その結果、テーパーデザインが前作がモデレート・スローだったことに対してモデレートになり、パワーも前作がライトパワーだったのに対し今作ではミディアム・ライトにパワーアップ。
正直これだけだと、「単純にパワーアップしただけじゃん」と思われるかもしれませんが・・・・実は違うんです。
今回のエキスパート、前作はミノーなどを含めたサーフェスプラグの操作に重点を置いていたことに対して、トップウォータープラグ寄りに重点変更してきました。ですので、特にマグナムサイズのハトリーズペンシルにおいては柔らかい動きを出せるように特にティップからベリーにかけてのたわみを大きくとるようにチューニングされたそうです。
ん?このセッティングって割と近い竿が過去にあった気がする・・・と思ったら思い当りました。
ハトリーズスティックのHS64MLがセッティング的に近いのかな?と思いました。ただ感じとして近いだけであって、まるっと同じではないですけどね、竿自体の素材がそもそも違いますし、それぞれの目的だって違いますから、あくまで似てるだけです。

今回もブランクだけで買ってきました、いくら断捨離して元手があったとは言っても、さすがにフルセットには遠かったですし・・・
14878294250.jpeg
グリップは家にありましたからね。

ウインズさんではスーパーストライクの竿を展示してますが、基本はグリップ未装着状態でブランクのみ立てかけてあるため、調子を簡単に感じるにしても、ブランクを持った状態で揺することしかできません。ですから、このSPXもその程度で揺すって「ちょっと張りが強いかな?」としか感じることができませんでした。

しかし、これが驚きに変わるのは、
14878294510.jpeg
この状態になってから。

一応、デフォ状態同様にセミダブル・グリップ仕様にして、載せたリールは77年型アンバサダー5500C。
ブランクの重量はトップウォーター・トラベラーと同じです。ちなみにトップウォーター・トラベラーを全く同じ状態にしてセッティングすると、シングルグリップ装着状態(デフォルト)でもややリアヘビーな重量バランスに拍車がかかって、持っただけででも竿先が上に上がるようなリアヘビーになってしまいます。
ところが、このSPXはブランク長の差もあるんでしょう、全体的に軽いのは当然ですが、この状態で「バランスが良い」のです。
長いくせに取り回しが楽、という相反することをやってのけた竿に感じました。
そして肝心の竿の感覚ですが、思った以上にしなる竿でした。確かにカーボン特有の反発力があるのですが、ティップからベリーまでのしなりが割と大きくて、強さ的には僕の所有するSS63THMによく似た感じです。確かにハトリーズのペンシルベイトを意識した竿になっています。
よかった、これは買って正解でした。14gくらいまでのスペシャルにも納得する動きが出せるかはわかりませんが、これはインナーハンドマグナムやスイング・グランパならちょうどいい感じの竿です。
次回、この竿テストに持ち出します。

今日は「お休み、東名事故渋滞」という題でお送りしました・・・静岡に行くのに東名高速を使ったんですが、トンネル手前とトンネル出たところで衝突事故があって抜けるのに40分掛かりました。変に強い雨風でいつもは雨天でも爆走する僕もかなりの危険を感じましたが、やはりこういうときは事故も起きやすいんですね、安全運転で参りましょう。

気難しい女子とおデート・・・の巻

どもです。

なんだかやたらとゆっくりしたくて・・・ブログの更新が滞っております、すみません。
お休みも土日じゃないことが多くなって・・かえって不服だったり・・。

さて、土日が仕事で昨日の月曜を代休としましたので、昨日のお話です。

月一魔女子のデレ攻略(笑)をしてきました。

休みになるとどうしても「魚釣り」をしたくなって、ついついウグイ釣りばかりに走ってしまうんですが、今回はそこをグッとこらえ・・・・・・ずに、ちょっとだけウグイ釣りしてからの・・・です。
今回のウグイ釣りは釣りになりましたよ、凄かったです・・・ってウグイの話じゃありません。

こっちこっち。
14876755290.jpeg
一か月ぶりのベイトタックル。元々軽いので全く違和感なく使えます。
ラインだけは安物バルクラインですが、新品です。

14876754830.jpeg
量販店で練習用で買ってきました。500m735円。
安物といっても、サンライン製です。
しかし、この手のバルクラインは回転が悪いのか、いつ行っても置いてあるので、シュリンクしてあるとはいっても表面に出てるラインは捨てるのがよろしいか、と。
14876754980.jpeg
75mだけポイして、巻きました。

さてさて、今日の魔女子(悪魔女子とか女の悪魔とかって呼ぶのが可哀そうというか、可愛くないので、これからは魔女子、です。)
のデレ具合は進行したのかしら?

14876755420.jpeg
nock,nock・・・・。

14876755660.jpeg
うーん、相変わらずそっぽ向きますね。

ただ、分かったこともありました。
ラインに巻き癖が付く前までは、それなりに言うこと聞きますし、以前やった裏技も通用しました。
巻き癖ついたラインではこの女子、嫌がります(笑)。
後は、手首のひねり具合ですね。右へ投げて操作するとそれなりに左右に動きますが、左や正面だとうまくいかない・・・手首のひねり位置が関係してるのでしょうね。それがパターンになればいいのですが、いつもランダムなので・・・。

相変わらず、ツンな魔女子ですが・・・・
14876755520.jpeg
多少でも動いてくれるのはそれなりに認めてくれてるのか、はたまたただのお情けか・・・?

多分、この子をデレさせたとき、ぶらっくも呼んでくれるんだろうな、と思ってます。

この子、強制的に手綱を引くこともできますよ、柏木さんがやってた動かし方の「張って、チョン」なら普通に動きますよ。
正直、この動かし方なら誰でも運転可能です。
・・・でも、なんか違うんです、引き波に柔らかさを感じない。だから、その運転はケースバイケースだと思ってます。
僕は僕の納得いくデレ攻略を続けていきますよ。


今日は「ヤンデレってヤンキーのデレじゃありません」という題でお送りしました・・・ヤンデレって「病んデレ」なんですって、要は異常ってことです、最近まで知りませんでしたよ。

海で細糸はやっぱり不安です・・・の巻

どもです。

さぼり癖のついた管理人です・・・というか、最近帰りがちょっと遅いのもあってブログ書く暇が・・・ということです。

さて、今回は海のライトゲームのお話。

今年に入って全く海のルアーをやってませんでしたけど、実はつい先週の変則休みの前の晩に、いつものメバルのOM港ではなく、割と近いOi港に1年ぶりくらいに行ってきたんです。
セイゴか何かルアーを追う魚がいればいいな、と気楽に行ったのですが、潮回りというか月夜の晩でしたから、正直魚はいるけどルアーを追う魚じゃなかったんですね。
で、半ばあきらめモードで電灯の照射範囲の際、明暗の境にスミスのシラスミノー48を境に沿って巻いてきましたら、
コンっ
というアタックを感じまして、「やっとここでセイゴが当たったぞ」なんて呑気に喜んでましたが、巻きとりが重くなって、「何か掛ったな?」とあわせをくれてやると、ズシッとした重量物が右へ走り出したんですね。
「おお、良いね。40クラスのフッコだな」・・・まだ呑気でしたが、この呑気さが仇となりました。
電灯の下でエラアライをしたそいつの頭、確実に握りこぶし大の大きさ! 小さく見積もっても、60cmの鈴木さん・・・もとい、シーバスでした!!
まじか!絶対これは獲れない!!でも頑張ってみよう!!!
ちょいと強めに設定したはずのイグニスタイプRのドラグが悲鳴を上げるほど・・・てか、このリールのドラグ悲鳴なんて初めて聞きましたけど、スプールの滑りが全く止まらない!というか奴の突進が止まらない。
ラインはフロロカーボンの3lb。いくらシーガーのR18リミテッドとはいえ、さすがに相手が悪すぎました、往なしてはいましたが最後は堤防の角に擦られて切れてしまいました。
14871572500.jpeg
悲しく漂う3lbフロロカーボン。
反省点は多々ありますが、やはり時には強引に往なすことも必要だったんでしょうね。
メバル狙いにウエイトを置いたため、フロロカーボンの3lbをメインラインにしてましたが、思ったほどルアーの飛距離も伸びませんし、やはり海ですから何が掛かるかもわからない・・・どうせ飛距離が伸びないのならラインも1ランク太くしても良いのでは?
そこで・・・

14871572610.jpeg
シーガーR18リミテッドの4lbを巻いてみました。
これで今までよりは強引なことが可能です・・・ですが、遥か過去にフッコの50クラスをぷっこ抜いた時のラインはナイロンの6lb(スーパーGTR)でしたから、やっぱり不安もあるんですよね。かといってスピニングリールだから4lb以上にあんまりラインも太くしたくないですし・・。
で、ようやく一念発起というか、なんというか・・・。

14871572710.jpeg
イグニスタイプRのスペアスプールを買いましたよ。
お友達のYさんも、ライトゲームの重鎮・加来 匠(レオン)さんも言ってましたが、良いリールを2台も3台も買うより、一台のリールでスペアスプールを増やして使いまわしたほうが色々と多用途に使うことができて、しかも現場でセッティング変更もできるからお勧め、と。
僕もそのことはわかってましたが、何にせよこのスペアスプールも機種によっては高額です。
このイグニスタイプRのスプール、新品で注文するとスプールアッセンブリー状態で13000円もします、しかも純正ノーマルで、です。
他のダイワの機種でノーマルのエアスプール(糸巻き部とドラグ部がアルミ製でスカートが樹脂の組み合わせ軽量スプール)ならここまでしませんが、このイグニスタイプRのスプールはフロロカーボンライン専用の逆テーパー仕様(ABS-R)でおまけに肉薄のオールアルミスプール。ですから、お値段もメーカーチューンのスプールに迫るお値段まで跳ね上がりますので、新品でのご注文がなかなかしづらくて・・。
でも、オクで何とか新品取り外し品をお値段6割ほどでゲットできました。
以前は海でも極細PEを使ってましたが、風に流されやすいとかリーダーを接続しなければならないめんどくささもあって暫く遠ざかってましたけど、このスペアスプールには久しぶりにPEを巻いておこうか、と思ってます。PEを使うときは完全にプラッギングのみですね。
ちなみに僕のこのイグニスタイプR、フロロカーボンライン専用機ですが、実はPEはこのフロロカーボンライン専用の逆テーパースプールと相性がいいそうなんです。
後は、スペアスプールケースを買って、ゲームベストに取り付けて持ち運びできるようにしておかないとですし、第一、まだ巻くPEすら決めてませんから。
あー、またなんチャラノット、なんてのと悪戦苦闘しなきゃならんのか・・・と考えないようにします(笑)。

今日は「ベイトリールのスプールのスペアって持たないよね?」という題でお送りしました・・・・正直、昔はベイトリールでもスペアのスプールを持つことを聞いてましたけど、近年ではスプールの破損とかカッ飛び?チューンみたいなチューニング目的でない限りベイトリールのスプールって替えを買いませんよね・・・・。


ヒョウタン・ベーシック・・・の巻

どもです。

ちょっとさぼり気味になりました・・・すみません。
更新したりしなかったりと激しいですが、ちょくちょく覗いてみてください。

さて、今日のネタですが、久しぶりにハトリーズです。

14868207850.jpeg
スペシャル・ハトリーズ インナーハンドWBファイナルエディション・ベーシックです。
つい先日、義兄さんであるMさんから連絡を受け、押さえていただきました。

この個体で注目すべきとこは3点。
まず、インナーハンドのスペシャルであること。インナーハンドのスペシャル版は正直なかなか黄色いお店には出てきませんが、たまたま出ていたものをMさんが発見して確保してくれたそうです。
次に、HATOカラーであること。
このカラー、スペシャル版では実はOYG(オレンジ・イエロー・グリーンの3色使いのため)というカラーネームが最近付けられましたが、それ以前はDVD「羽鳥静雄 サーフェス・ゲーム」で羽鳥さんが使うこのカラーを誰が呼んだか「HATOカラー」と呼ぶようになり、インジェクション版のインナーハンドがデビューした時からスペシャルに関してもこのカラーがHATOカラー、となりました。
ちなみに、3色使いが異なっても基本同じ模様の物は、HATO2とかHATO3とかの数字が混じるようになりました。
羽鳥さんが好んでいたかは存じませんが、DVDの中で使っていた事も、不思議と良い配色であるということも相成り、スペシャルでこのカラーが販売されると瞬く間になくなるほどの超人気カラーです。そしてインナーハンドのスペシャルはオクに出ても、たとえカラーがどうであれ、必ず諭吉さん越えですが、ことこのHATOカラーになると一気に倍以上の付加価値を付けてしまいます。
確かに配色は僕も好きですが、そこまで持ち上げる程の物かは個人的には甚だ疑問には思っています。

最後に・・・お値段見てください・・・。
いくら黄色いお店とはいえ、3980円!
Mさんも僕も目を疑い(僕の場合は電話でしたから、耳を疑ったんですが・・・)ましたよ。さすがにこれはおかしいだろうと。
せいぜい状態をいえば、よくあるおなかのウェイト部の出ベソ状態(微妙な)と最後のコーティングの乾燥をちょっと早めてしくじったであろう擦れ(これも微妙)があるくらいですが、それでもよく見たところ、これは未使用品でした。一度でも使えば必ずできる傷や錆があるのですが、全くありません。
これはとてつもなくいい買い物でしたよ。

今回のインナーハンドWB ファイナル・エディション・ベーシック、2008年のスミスのカタログに登場しました。
14868208510.jpeg
大久保幸三さんですね。

14868208140.jpeg
干支ではザ・ラット、お化けシリーズでは河童のおとこのこがこの年に出ています。

14868207980.jpeg
僕もこの時は行きつけの釣具屋さんに、色は選ばない条件で無理言って取ってもらったことを思い出します。
このHATOカラーだと良いな、という期待とは裏腹に、手元に来たのは紫。それでもずっと欲しかったスペシャル・インナーハンドがようやく手に入った嬉しさでこいつで良いぶらっくを絶対獲ってやる、とこれしか使わなかった年がありました、それも2008年ですかね。
ところが、こいつはかなりの曲者でした、後に知ったことですが、このファイナル・エディション・ベーシックというインナーハンドは、羽鳥さんのわがままと悪戯心で作ったインナーハンド、動かしやすくて釣れるというインナーハンドを逆手にとって言うことを聞かせにくい、すなわち簡単には泳がないインナーハンドとして世に出てしまったのです、いわゆる裏インナー、とでも言うのでしょうかね。
ですから、ナイターメインで使ってた僕にとって、ラインの重みが感じにくいのに、だからと言ってちょっと強めにラインを煽ると、すぐにルアーから「動かしすぎ!」という意味の「ガンっ」という衝撃ばかり伝わりました。
だからとてもあの曲線を描くターンの波紋を出すのが難しかったです、そして正直全く魚からも相手にされませんでした。ですのでこの年の釣果はとても貧弱だったのです。
でも、その年の最終釣行、この年この日は、と毎年決めている夜に、ついに爆発!51cmのぶらっくを獲ることができました。
それ以来、50アップを獲ったからということで殿堂入りではありませんが、そのまま保管していましたが、このHATOカラーを入手できたので、久しぶりに引っ張り出してみました。

14868240270.jpeg
今年は久しぶりにファイナルエディション使うのもいいかな。

スペシャルのインナーハンドとしては3個目、ファイナルエディションとしては2個目、そしてHATOカラーとしては初めての物になります。いままでHATOカラーとは縁がなかったので正直言ってかなりうれしいのですよ。
でもHATOカラー、使いたいけどどうしようかな・・・僕のインナーハンドってボロボロになる運命なので・・・・・(爆)

今日は「2017年なのに2008年物」と言う題でお送りしました・・・・今年のハトリーズ・スペシャルの一発目は土星人・女でもう発売されてるんですけどね、土星女子買おうかな?と考えてたらこれですからね、実は土星女子、来月まで残ってなければあきらめるつもりです・・・。



Appendix

プロフィール

つぅ

Author:つぅ
FC2ブログへようこそ!

数勘定

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ