Entries

夜釣りは推奨しませY・・・・・の巻

大変ご無沙汰しておりました。

前回の更新から異常に忙しく、休日はありましたけどPCを開く時間を裂けず・・。今はスマホでも更新は出来ますが、広告が邪魔してうまく打つことができなくて更新できず、そのまま今年2度目の地獄に突入してしまいました。
今日は雨でお休みになりましたので久々の更新をしようとPCを開けた次第です。
この間に大きく僕の心を揺さぶることがありましたので、それを今回ネタにしようがと思いました。
面白いというか、ちょいとヘビーな内容かもしれません。

僕はブログ以外でSNSに参加していますが、そちらに釣果の報告を載せることもしばしばあります。
ところが、ある方のコメントに、なんと・・・
夜釣りは法律違反ですよ!
と書き込みをされました。

この書き込みを見たときはひどくショックを受けましたが、「そんなバカな」という思いでネット検索をかけて自分のしていることが法に触れていることなのか、調べました。
結果。
全く法律に触れていません、僕の住む県では。そしてお国の水産庁の回答も「全国的には禁止していない」とのこと。
ただし、補足があって「他の都道府県では自治体が禁止をしている場合があるので、その場合は各自治体の指示に従うこと」とのことでした。
ちなみにこれは海ではありません、内陸の「内水面」のお話、要するに河川・湖沼の夜釣りに関するお話なんです。
僕の場合はぶらっくと鯰がこれに該当します。
内水面でも琵琶湖、霞ケ浦、風連湖、温根沼、厚岸湖、サロマ湖、北浦及び外浪逆浦、加茂湖、浜名湖、中海の数か所の範囲の広い湖沼では漁業の実態から海扱いを受けて夜釣りがそのまままかり通るところもあります。
ただ、やはり先ほども書いたように夜釣りは僕の県では問題なくてもよそへ行ったらダメでした、というパターンもありますし当然知っていました。そして何より20年以上もぶらっくのナイターをやってきました。
なので、いきなり頭ごなしに法律違反、という言葉を振りかざされてしまったのでショックだったんですよ。
ですが、ここは僕もこの方に丁寧にお言葉をかえし、一応納得をしていただいたのですが、さらにショックを受けたのは、
「小さいお子さんが真似をする危険性を危惧しています」という言葉でした。
これは僕はぬかった!、と思いました。考えてみたら、ネット上に掲載するということは不特定多数の方が閲覧しているんですよね。
大人たちだけではありません、お子さんだって見てるんです。そのお子さんが釣りに多大な興味があって夜釣りやりたくなって事故を起こした場合、その自治体が重く見る→現在問題のなかった自治体に飛び火する→禁止になる可能性が高くなる、といった自分の首絞めにもなりかねないことになるんですね。
しかし、ネット上では夜釣りの件を個人的に掲載することは禁止されてはいません。ただ、上記のような可能性がないとも限りませんので、これからナイターの事を書くときは必ず、注意書きを同時に掲載するようにしていくことに決めました。

と、SNSの方にも書いたのですが、この一軒が飛び火し、決して僕を否定しているわけではないが、やはり夜釣りを推奨しているわけではないので控えていただくようお願いします、と管理人の方から直接お話もいただき、なおかつ3人目の方にも早朝の暗かった画像を載せたらコメントで「紛らわしいからやめていただきたい」とお叱りを受けましたので、SNSの方にはナイターは今後一切掲載をやめ、そして過去の投稿もほとんど消去してきたとこです。

釣りでもグレーゾーンというものは存在しますが、ぶらっくの夜釣りはまさしくグレーゾーンそのものだったんですね。
というか、今回の事で僕のやってるナイター自体快く思ってなかった方がたくさんいらっしゃったことも分かったのも3重のショックでしたけど、仕方がありません。

でも、禁止にもなっていないし法にも触れていない、20年やってきたぶらっくのナイターを今更やめようとは思わない。
大体、なぜ僕がナイターを始めたのかというのも、結局はバスブーム時代の身勝手なブーマーな連中が明るい時間に釣り以外の人に迷惑をかけてきたから、他人にとっては害魚と害人の何物でもない。そんな奴らと一線を引くためだ。好きなぶらっく釣りをこのころから大手に振って他人に話すのもやめた。ただ、好きな釣りをこんなくだらない理由でやめるのも悔しい。ならば他人に迷惑をかけない時間にやったらどうだろうか?
こんな理由で20年、無事故でナイターを続けられてきました。やればやるほど危険な個所もわかってきたし、知恵もついた。
ブームが去って人もまばらになり始めた最近になってまたデイゲームもするようになりましたが、限られた時間もあることからも主としてナイターを選択しています。
それに最近呼応したのが、嫁さんの兄さんであるMさん。なのでMさんもナイターの最低限度のご法度もわきまえてはいます。
そして、やはり同じようにSNSに投稿、消去する羽目になってしまいましたが、Mさんも気持ちは変わってません。

僕(ら)の気持ちも解れ!、とは言いませんが、グレーならグレーなりの楽しみ方を一から模索するつもりで行こうと思っています。

SNSでは載せませんけど、ここではこれからも掲載していくつもりです。

ただし、
僕は夜釣りはするけど推奨はしないよ!

今度は夜釣りのご法度特集でもやってみましょうかね、夜だからと言っても他人に迷惑が掛からないわけではないし。

14986491050.jpeg
地獄前の一番最近のぶらっくです、33cm、グーフィージョーで。


注意
:内水面の夜釣りは各都道府県の自治体により制限、もしくは禁止されている場合がありますので確認してください。
夜釣りは周囲が闇になり視界が非常に悪く、危険がつきものです、経験の浅い方は必ず2人以上で行動する等、特に小さいお子さんは必ず大人の方に同行してもらうようにしてください。
当方、夜釣り推奨をしていませんので釣行時の事件・事故やケガの責任は一切負いかねます。

スーパーストライクデイの入手物・・・の巻

どもです。

またしても2回目の地獄が近づき、毎日工場掃除です・・・。

いつもならスーパーストライクデイのあとのお題は「おかわり!」などとふざけた題名で書ききれなかった事柄を追加しますが、今回はほぼ3篇で済んでしまったので、手に入れたブツを晒そうと思います。

まずはこれ。
14965816880.jpeg
ウィゾPE52B・・・鳥居SP。
と言いたいとこなんですが・・・
14965817090.jpeg
鳥居さんに書いてもらったサイン、消えてしまいました・・。
結構塗装剥がれが多かったので、例のタックルエリクサーで保護しようと塗ったら、翌日サインが綺麗に落ちてしまいました・・・。
自分の不注意とはいえ、この時ばかりはタックルエリクサーを恨みました。
来年もう一度鳥居さんに書いてもらえることを願って使っていこうと思います。
もしこれで釣れてもサインが消えたから釣れたんだよ(笑)って鳥居さんに言われないようにしたいですね。

お次はこれ。
14965817200.jpeg
チャグポップのアンカタログカラー?です。
Kamさんがそうおっしゃってましたので、なるほど、と感心しながらお持ち帰りしましたが・・・・

14965817340.jpeg
スミスの2008年カタログにブラウン・クローダットとしてカラーチャートになっておりました(笑)
が、ちょっと模様が変な感じだー・・・・ブラウンクローダットの試作品?だったらKamさんの言う通りアンカタログでしょうね、この辺は謎ですが、チャグポップはいくつあっても問題ないので、そんなこと拘りません。

14965817440.jpeg
チャリティーオークション落札物その1。言わずと知れたハトリーズ本のトートバッグ。
この日、アルバンの佐古さんも昨年に引き続いてスーパーストライクデイにいらしてまして、チャリティーオークションに提供してくれたのがこれ。300円で落としました。
今回佐古さんはDVD本の第二弾を制作する宣伝も兼ねて参加してました。今度はDVDシリーズ「僕たちのへドン・ストーリー」を書籍にするそうです、しかも2回DVDになってる方もいますので、前編・後編の2部構成になるそうですよ。

14965817540.jpeg
チャリティーオークション落札物第2弾。QTデビルです。
やっと、この隈取目のカラーがNIPで手に入りました、一撃300円で落札です。このカラーというかチビハトでも最後の方で販売されたカラーは中古でも某オクでもほとんどお目にかかれませんからね。

14965817760.jpeg
お次はスミスさんのじゃんけん大会でゲットした商品。エージェントiさんが非常に気になった物だそうですが、ビッグバドのステッカーです。
ちなみに画像はベビーバド用のステッカーですが、開封すると・・・
14965817860.jpeg
何と計6枚のセットになっております。
上の筆記体バドワイザーはダブりではありません、バドワイザーの年度ごとの違いです。
で、30周年のスペシャルバドのステッカー、北斎&ダルメシアン。こんなステッカーも残ってたんですね。ちなみに6セットじゃんけん大会で出ていて、他の方とほとんど中身が被ってないようです、ジェームス・へドンバージョンやへドン・アイコンのタイプもありましたから。

14965817660.jpeg
スミスの販売コーナーで毎年必ず買う化研金針。
今回はMさんにも頼まれて2セット買ってきました。ただMさん所望の8番が無かったのが・・・。スペシャルハトリーズのスペアには欠かせませんね。

14960487670.jpeg
今、手元にはありませんがストライクグリップのシングルガン・ガンメタ。
全く気にならない点傷が一か所あっただけのアウトレット品で1万円。納品期日指定なしで朋さんに預けて再塗装をお願いしています、新たなカラーに生まれ変わるグリップ、楽しみです。完成して到着したらまたアップしますね。
ちなみに来年くらいにスミスさんから新しいブラックカラーのストライクグリップが出る模様。玉越さんがテスト中(塗膜耐久)だそうです。

もう一つは・・・
14965817980.jpeg
スミスさんの今年のオリジナルTシャツです。
まともに買うと4千円超えですが、絶対販売コーナーで割安で売るはず!、と見込んで買ってきました、先ほども書きましたが割安価格です。
これだけだとわかりませんね。
14965818070.jpeg
向かって左下のキャスティング・Tシャツのネイビーになります。
ちなみにバーガンディーは玉越さんが着ていましたから、「玉越カラー」です(笑)。
テイクバックからのフォワードに移るストライクロッド。その先端にはスミスカラーのプラインナーというイラストです。
Mさんからも要望がありましたので2着買ってきました、Mさんは2L、僕は3Lです・・・ちなみに僕は着る分には2Lでいいのですが、首が太くて2Lだときついのでわざと3Lをよく着ます。
ストライクTシャツも欲しかったんですが、見送りました。このTシャツ、ストライクはコットン、キャスティングはポリエステルメッシュ素材です。

そして大ラス。
14966648080.jpeg
僕の魔女子さん。楽しい思い出をいっぱい持ち帰ってくれました、これぞプライスレスです!

ストライクデイは皆さんとの交流が一番楽しいのですが、お買い物やオークション、じゃんけん大会での商品争奪(全然とげとげしくありませんよ)も楽しみの一つです。
だから毎年参加したくなるんですよ。

今日は「それでもひどくお金使わなかった」という題でスーパーストライクデイ津久井湖2017のブログを締めさせていただきました・・・をい、万単位がスッとんでてお金使わなかった、はないだろ?!

スーパーストライクデイin津久井湖2017 後編・・・の巻

色々とあって更新遅れました。

さてさて、後編。

お昼ご飯のお弁当に毎年一品追加です、今回もWさん親子のウインナーと焼き鳥がふるまわれました、相変わらずこの一品は嬉しいですね。
しかし、今回はさらに2品が追加です。
広島から昨年に続いて参加されたKさんのベーコンのポトフ!これがまた絶妙でした、ご飯かパンをもう少し食べたくなってしまうほどです。
14960487430.jpeg
Kさんのベーコンによる料理!

14964848280.jpeg
シンプルだけど抜群の旨さ!ポトフ。
Kさん特性のジンジャーエールもあったんですが、いただき忘れてしまいました・・。
で、これだけではありません。今回は油屋さんがスイーツを作って持参!
14960487550.jpeg
アップルパイですっ!これが食事のあとの口直しにぴったり!
甘すぎない素材の味を出したアップルパイは僕にマッチ。このお二人のおかげでご飯時が昨年よりも盛り上がりました。
Kさん、油屋さん、ごちそうさまでした。

ご飯のあとはまず、恒例のスミスさんのアウトレット販売。欲しいものがKamさんと被ってしまいましたが、ここはKamさんにお譲りしました。したら、Kamさんが面白いことを教えてくれました。
Kam「つぅさん、あそこに入ってるチャグポップ、実はアンカタログカラーですよ」
何?!じゃあ、僕それでいいや(笑)、と競争者のいないそのチャグポップの入ったセット袋、お買い上げしました。
14960486360.jpeg
画面中央部に写ってる3個入った袋がそうです、ちなみにKamさんと被ったのはその隣のセットです。

この後はチャリティーオークション、Isさんの進行で滞りなく、そして大盛り上がり大爆笑で終了しました。
今回もチャリティーメンテで大忙しで自分のブースから離れられなかった朋さんでしたが、Mさんのブツの1つである、ザウルスのダンプティクリンカーを虎視眈々と狙っていて無事2撃で落札しました。
14960485920.jpeg
朋さんブースの朋さんの手による展示品。
僕は昨年、霞小僧さんと競り負けたハトリーズのQTデビルの最終出荷カラーが再度NIPで出品されてましたので、1撃300円で無事仕留めました。
かなり端折りましたが、実はこの最後のブツのレトロムの竿、これが僕が参加した過去2年のチャリティーオークションの中で最高額の落札だったんじゃないか、と。名古屋から初津久井に参加されたYmさんが落札しました。

そして、恒例の座談会。実は僕、この時に寝てました(笑)、さすがに2時間半の睡眠不足がここにきてしまったんでしょう、前半は起きてましたが中盤・後半の終わりで目が覚めました。しかし、このおかげで帰りは睡魔に襲われなくて済みましたので、必要な居眠りだったと思います・・・と自分の居眠りの正当化をしてみたりします。

で、終わってから朋さんとお話。実は昨年末から朋さんにストライクグリップの塗装の件で色々相談に乗ってもらってましたが、どうにも自分の業が煮え切らなくて、流れてました。要は何色にしようか迷いすぎてわからなくなってしまったんですが、今日の朋さんの展示品にこれが良い!というカラーがありまして、朋さんにこれでお願いしたいのですが・・・という相談になってました。
したら朋さん、気前よく、「もし何なら今使ってるグリップとそのグリップの物々交換でもいいですよ」と言ってくれたんですが、残念ながら僕が依頼したかったベースはシングルガン、展示されてたのはセミダブルでしたので非常に残念。
今使ってるグリップを塗装依頼しても良かったのですが、これが無いとトラベラーが使えないことを考えたら、別に1本買った方がいい。でも簡単にホイって買えませんし・・・・とふと見ると、先ほどのスミスのアウトレットのテーブルに検品落ちしたB品のストライクグリップが目に入りました。アウトレット参加時にはスルーしてましたけど、いざ必要に駆られたら・・・・・。
つ「朋さん、今現品預けてやっていただけますか?」
朋「良いですよ」

ということで・・・
14960487670.jpeg
シングルガンのガンメタをお買い上げして朋さんに託しました。
ちなみに傷ありですが、サイドにどうでもいい点傷があっただけのB品、お値段1万ポッキリでしたがかなり悩みましたよ。
急いでないので、と伝えて朋さんもできたら連絡をくれる手筈をかわしました。

そんなこんなで楽しかった1日が終わりました、というか終わってしまいました・・・あー、また嫌な現実に引き戻されるぅ・・。
と思う前に、過去になかなか言い出せなかった、鳥居さんと玉越さん、小笠原さんと写真撮ってもらうことにやっと成功。
記念の画像ができました。
この後は恒例のラーメンか?!と思ったんですが、いつもの皆さん、今年は公共施設のお風呂に(怪しくないお風呂)行くそうでしたので、今回はそのまま帰ることにして津久井湖を後にしました。

今年も何とか参加できて良かったです、そして最後の長旅になった僕の愛車にも無事しっかり走ってくれたことを感謝して、今回のレポート、これにて終了します。
来年も参加したいなぁー!

おまけ。
14960487950.jpeg
今回の戦利品です。(魔女子さんは個人所有ですが、思い出が詰まりましたので)

スーパーストライクデイin津久井湖2017 中編・・・の巻

さて、昨日の続きです。

例年ですと、9時開会なんですが、今年はそんな理由で1時間延びました。

いつもの如く自己紹介。今回も新たに参加された方がいらっしゃいました。
その中でご年配のSirさん、なんと僕と同じく静岡から来たそうで、同じ県民同士ですぐ打ち解けてしまいました、と言ってもよく聞けばSirさん、本当は東京の出で、静岡に越してきたそうなんです。ですので若き日の徳永兼三さんをご存じだそうで、色々裏話を聞かせいただきました。

14960486250.jpeg
鳥居さんとIsさん。

解散となり、いそいそと道具の準備をして会場まで来ると、すでに玉越さんが数本のロッドを携えて湖畔へ降りていきました。
鳥居さんは・・・あ、まだおしゃべりしてる。でも邪魔しちゃ悪いので、一声かけて小笠原さんと湖畔へ向かいました。

湖畔に出ると玉越さん他数名がルアーの運転をしてました。
で、浅場にデカい亀を見つけた小笠原さん、いきなり亀に向かってストライクフロッグのプロトタイプを爆撃(笑)。
しかし、亀は知らん顔。そしてフロッグが枯れた冠水植物群の一本に引っかかりましたので、ニーブーツをはいていた僕が取ってきました(笑)。
そこへ鳥居さん登場!
マンツーマンの魔女子さん運転大会が始まりました。鳥居さんの魔女子さん、やはり僕が運転していた時の動きとは全然違う、スライドが少し長いです。
それでも長く続かないから、鳥居さんも「あー、今良かった!、あーダメだ、風が・・」とかいろいろと叫んでおられましたが、それがめちゃ楽しい。
鳥居さんの使ってる道具を眺めたら、スーパーストライク・イノベーションなのにノーネームプランク。
つ「鳥居さん、その竿は何ですか?」
鳥「あ、これ?64THLのプロトタイプ。」
つ「おー、凄い・・。」

で、僕の運転も見ていただきましたが、やはりいい時はちょっと長く、というかニュルン、という感じの柔らかいスライドが出るけど続かず、ラインの跳ね上げのタイミングが少し早いかもしれないね、と助言もいただきました。
ただ、問題があって、僕の5600C、異常ににご機嫌すぎて投げるたびにモモリだす始末。なので運転よりもモモリを直してる時間の方が長くてちょっとここが面白くない。
鳥「つぅさん、逆にキャスコン緩めちゃったら?余計な力を入れられず飛ばせるから、僕は逆理論でそう考えてるんだよね」
つ「じゃあ、緩めて・・」ブンっ!
鳥「それで投げれば大抵・・・」モモリっ!
鳥「なっちゃうんだよねぇ」

鳥・つ「「WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW」

タイミングよく出た鳥居さんの一言でツボってしまいました。未だにこのことを思い出すと笑ってしまいますよ。

ワイワイしてると玉越さんが、
「お、難しいのやってるね?僕にもやらせてよ」
と鳥居さんの道具と魔女子さんで遊び始めました。
14960486950.jpeg
手前から小笠原さん、鳥居さん、玉越さん。

あーでもこーでも、とやってると、そこへ紫色の魔女子さんが!
誰?と思ってみてみるとTsさん?!
14960488060.jpeg
TsさんのFO55L&ウルトラマグ1と紫の魔女子さん。
Ts「つぅさん、これって言ってた通り難しいですよね?」
つ「え?え?Tsさんも買ったんですか?!」
Ts「うん、つぅさんとか鳥居さんが盛り上がってたから、使ってみたくなってオクで落としましたよ」
これには裏話があって、この魔女子さんの出品者さんがこの会場にいたそうです(笑)。
しかし!このTsさんの魔女子さん、良く動く! 僕のはこうすることも難しいのに・・・もしかして当たりはずれあり?
と、言ったそばから玉越さん、「鳥居君のエイビルは当たりなんじゃないのかな?」なんて言い出したもんだから、
つ「玉越さん、Tsさんのこの子、それなら大当たりなんじゃ?」
玉「本当?ちょっと貸して」
つ「ついでに僕のこの子も判定お願いします」
玉「うん」
その結果・・・Tsさんの魔女子さんはやはり大当たり、鳥居さんが当たり、僕のは・・・準当たりでどうやら一番難しいのは僕の魔女子さんの様でした。
14960487210.jpeg
僕の道具を使ってくれてる鳥居さん。この後玉越さんも使ってくれましたよ。
玉「うーん、道具が違うとまた変わるかもしれないよ。ちょっとルアーだけ借りて良い?」
つ「良いですよ」
玉越さんに僕の魔女子さんを渡すと、タクトオブウィゾのMに結んで使いだしました。すると当たりまで格上げとはいきませんが、それなりに動いてます。
玉「うん、はずれではないよ」
つ「じゃあ、準当たりということで(笑)」
うーん、道具でも確かに変わるけど、MLパワークラスのグラスロッドは頭になかったなぁ・・。
しかもTsさんは5フィ―ト6インチのグラスロッドでだしなぁ・・・・。
カーボンがベストなのかな?と自分の中では結論が出ていたのに、また振出しに戻った気分でしたけど、やっぱり僕はトラベラーでデレさせたいですね。
プラッギング講座というより半分魔女子さん討論会のような楽しい運転会、練馬のウエダさんも僕の魔女子さんで経験、やはり「難しいですね」と。でもこの難しさは燃える(萌える?)難しさ、嫌いになんてなりませんし、試行錯誤が面白い。
鳥居さんにも「スラックの長さと二段階時間差運転?」という独自の運転を教えていただいたので、これはちょっと身に付けたい。
,いつの間にか周りも運転で盛り上がってましたが、やはり開催時間1時間遅れの反動がここに来ましたね、あっという間にご飯の時間になってしまいましたので、もっと色々盛り上がりたかったのですが、後ろ髪を引きづられながら皆さんと会場に撤収です。

中編はここまで。




スーパーストライクデイin津久井湖2017 前編・・・の巻

どもです。

僕の中で一年で一番の最強イベントである、スーパストライクデイ(SSD)in津久井湖、今年も行ってきました。

前日、早く寝ようと夜9時に床に就くものの、訳の分からない蚊に刺されたような痒みで飛び起きてそこから眠れず、結局いつもと同じく2時間半の睡眠の寝不足状態で出発。
しかし、昨年までと違うのは明らかに空が薄明るい時間、朝4時に出発しました。
僕の車はオーディオまで壊れているため、走行中暇なのもあってヤフーカーナビの音声案内をアイドルマスター?の萌え声にして楽しんでました(笑)・・・おかげで走行中に眠気に襲われることはありませんでした。

14960485360.jpeg
楽しみの朝は足柄SAでがっつり系の朝飯です。
隣のマックに何度誘惑されそうになったか・・。

で、ご飯食べて一休み後、ちょうど100Km走って車のエンジンオイルの慣らしも完了しましたので、少しエンジン回して大爆走、6時半には津久井湖に到着しました。
さて、着いたは良いものの、僕の目の前に広がる津久井湖は・・・
14960485800.jpeg
昨年よりもさらに5m程減水した水位・・。
これも見たうえで水面への魚のざわつきもないことから、いつものトップの道具ではなく・・・
14960485520.jpeg
いっきなりウグイ道具でハス狙いに鞍替えです。
これなら何か釣れるかもしれない、と思ったのは良いものの・・・やっぱり何も釣れない。
でも今年は進展がありました、スブーンをヨシノボリが追ってきたり、初めてこの津久井で30くらいのぶらっくと小型のギルを見る事が出来ました。・・・しかし、さすが難攻不落の津久井湖、普通サイズのぶらっくでさえ、スブーンを追いません。
トイレに行きたくなったのと釣れないのもあって、7時半には集合場所の津久井観光ボートさんに向かい、トイレを借りて、本日の集まっていた皆さんと再会です。
鳥居さん、小笠原さん、玉越さん、みんないらっしゃいました。
まず、地元津久井のIsさんとお話です、チャリティーオークションの進行役ですので、よろしくお願いします。
で、例のさしこを電話中の鳥居さんの前に差し出すと、普通にバイトしてくれました(笑)。
鳥「ありがとねー、3枚目だよ、3枚目」
つ「あれ?鳥居さん、4枚目とかじゃないですよね?」
鳥「3枚目だよ、必勝だから必勝!(笑)」
さすが、鳥居さん、大事なことは2度言いました(笑)。
今日一番お世話になる方ですのでよろしくお願いします。
そしたら・・
鳥「つぅさん、何欲しいって言ってたっけ?」
そうです、年末、鳥居さんのある事に協力したら本当にルアーいただける約束をしてくれましたので、ウィゾの52Aをお願いしてました。
つ「ウィゾの52Aですよ」
鳥「あ・・・持ってきてないや・・・ごめん送るよ」と言ってくれましたが、それはちょっと悪い気がしましたので、大丈夫な旨を伝えたら・・
鳥「こんなのならあるけど、いらないよね?」
そこに出たのはボロボロでしたがウィゾの52B。いえ、鳥居さんの歴戦の傷跡付きなら喜んでいただきますよ!
ですが、鳥居さんの~の箔が欲しかったので、鳥居さんのサインを書いていただくことに。
鳥「えー僕のサインなんか書いたら釣れなくなるかもよ(笑)」
つ「いえ、大丈夫書いてください、絶対釣りますから(笑)」
かくして僕はボロは着てても心は錦なPE52Bを鳥居さんから譲り受けました。
そしてもう一つ。
鳥「そういえばつぅさん、クラブバッチが不良品だって言ってたよね?、良かったら使って。」
と新品のストライククラブピンバッチを頂きました。
そう、僕のストライククラブピンバッチ、メス側が不良で付けても抜けてしまう物だったことを言ったような誰かが言ってくれたような・・。よく覚えててくださいました、ありがとうございます、またお帽子に付けなくては。


Isさん、Mさんのオークション物を見てなんか喜んでました。
Is「これはなかなかすごいものが入ってるねぇ」
今日はさばいていただくのもあってMさんに電話してIsさんとお話ししていただきました。

続々と集まってくる参加者の皆さん。3年目の参加になるとほとんどが知った顔ばかりになります。朋さんも見えました、練馬のウエダさんもいらっしゃいましたしウグイカズラさんもそして、油屋さんも登場。霞小僧さん、やTsさんは渋滞にはまってるようでまだ到着してません。
練馬のウエダさんは僕のこの誤字脱字だらけのブログを読んでくださって、たまたま見つけたクリークチャブダーターの現行版を手に入れたそうです。
僕の知ってる限りのダーターのお話をして、スミススタッフの方々の設営準備のお手伝いにかかりました。
テント設営完了後、ふと見ると小笠原さんが試投用のスーパーストライクロッドのセッティングをされてましたので、今度は小笠原さんのとこでセッティングのお手伝い・・・というか道具触りたかっただけかも(笑)、でもちゃんと準備しましたってば。
14960486020.jpeg
竿、組み立て中です。
で、ついでに最新作のGFO56があったのでセッティングして振ってみましたが・・・しなる竿ばかり使う僕からすると「棒」でした。
ただし、しげしげ見ていたら、ガイドフレームの取り付けがすべて逆向きセッティングになっていたのに気づきまして、これはひょっとすると、ただ振っただけでは分からない代物なのかも、と思いましたよ。
ちなみにこの中でちょっと購買意欲が出てしまったのが前からラインナップされているSS60L。玉越さんがよく使う竿らしいのですが、このしなり方はちょっとハトリーズスティックのHSシリーズによく似た手ごたえというか、まさしくグラスロッドでした。

今回は妙に朝の歓談時間が長かった。受け付け済ませても一向に進行しない。何でしょう?
後で知ったことですが、これは釣りに出てた方、向かってるのにまだ到着できない方への配慮で少し伸ばしたんだよ、と玉越さんから教えていただきました・・・♪あったかいんだからぁ~。


前編、今日はここまでとします。

Appendix

プロフィール

つぅ

Author:つぅ
FC2ブログへようこそ!

数勘定

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
まとめ